徹夜で仕事する暇があったら寝た方が良いですよ、効率も悪いし質も落ちるので。

ABOUTこの記事をかいた人

森部高史

自分軸ライフクリエーター。株式会社Pono Life代表取締役。Kukua Body主宰。アメリカ在住時でATCとしてトップレベルアスリートのケアにあたる。数少ないロルフィング®の資格を持ち、クライアントの身体と心のバランスを整え人生に寄り添い、「先生」と呼ばれる治療家やセラピストを指導する立場にもある。その人柄と結果を導くセッションと講座には全国から参加する人が後を絶たない。

こんにちは、株式会社Pono Life代表取締役 /Kukuna Body代表の森部です。

学生の頃とか若かりし頃には寝てない自慢というのはよく聞いていたのではないでしょうか。

「忙しすぎて2時間しかねてないわー」とか。

徹夜で勉強や仕事をした、というのもそうです。
でもこれってものすごく効率も悪いですし、質も落ちます。あと身体に悪いです。

でも疲労度は高いのでやった気にはなります。でもその出来を冷静に見返してみると、、、さてそこにはどのようなものが出来上がっているでしょうか。

努力の方向性

頑張ることはとても大切ですが、努力していたらそれでいいのか、というとそうではありません。間違った方向で努力をしていてもそれは報われるわけがないのですから。

新宿から中央線にのって東京に行きたいのに高尾行きに乗るようなものです。目的地からはどんどん離れていきます。

でもやった気になってしまう、これが曲者なのです。

短く効率的に眠れる方法はないでしょうか、という質問に対する答え

「数時間眠るだけで大丈夫な眠り方ってないですか?」と聞かれたことがあります。

それに対する答えは「そんなこと考える暇があったら今すぐ寝なさい」です。

やることが山積みだから睡眠時間を削る、というのは最もやってはならないこと。それよりももっと優先順位をつけて行うべきこと、いやそれよりも行わなくて良いことをはっきりさせることが第一です。

睡眠不足では適切な判断ができなくなります。その状態で遂行できてしまう仕事の質や価値ってどれだけのものなのでしょうか。

やったつもりで終わらさないために

せっかく頑張ったのだから、それは成果に結びつけていきたいですよね。

それを成果に結びつけていくには正しい選択を行っていく、その積み重ねです。睡眠不足の状態でその正しい判断を積み重ねていくことはできるでしょうか。

仕事の時は頭が冴えるから大丈夫!そんな声も聞こえてきそうですが、そんなふうに思っているのはあなただけの可能性が高いですよ!

自分の身体を守れるのは自分だけだから

人間のすごいところは慣れてしまうこと。それが良いものであれ悪いものであれ、です。

睡眠不足がデフォルトになるとその中でも行動を取り続けることはできます。でも機能としてはセーブモードです。それでもいつか電池は切れます。そのまま動き続けていたらいつかは本体である身体が蝕まれていきます。

社会にでていたら無理をしなければならない瞬間というものはあるでしょう、しかしそれが無茶になってしまってはいけません。

自分の身体を守れるのは自分だけだから

 

ということで、これを読んだあなたは早く寝ましょうね!

それではまた

森部高史


【無料PDFプレセント】

世間的には無名でも自分のペースで仕事しながら楽しく長続きする個人サロン/治療院の秘密



登録はこちらから


自分軸を探求するオンラインサロン『ジブラボ』

多くのトレーナー、インストラクター、セラピスト、鍼灸師、柔道整復師といった身体の専門家、そしてもちろんそれ以外の体のことをお仕事にされていない方も集っています。

ジブラボについてはこちらをクリック


noteの有料マガジン[自分軸の人生と仕事の作り方(月刊べぇ)]はこちらから!

初月無料、月1000円です。(注)月額マガジン「自分軸の人生と仕事の作り方(月刊べぇ)」は購読月以降に公開された記事をまとめて読むことが出来ます。先月以前に出された過去記事は単品でご購入頂くことになります。

お問い合わせ
フルネームでのご記入をお願いいたします
携帯キャリアメールはこちらからのメールがとどかないので、PCメールのご記入をお願いいたします
連絡の取れる電話番号をご記入お願い致します (例:090123456780)