なったらいいな、では変わらない、変われない

ABOUTこの記事をかいた人

森部高史

自分軸ライフクリエーター。株式会社Pono Life代表取締役。Kukua Body主宰。アメリカ在住時でATCとしてトップレベルアスリートのケアにあたる。数少ないロルフィング®の資格を持ち、クライアントの身体と心のバランスを整え人生に寄り添い、「先生」と呼ばれる治療家やセラピストを指導する立場にもある。その人柄と結果を導くセッションと講座には全国から参加する人が後を絶たない。

こんにちは、株式会社Pono Life代表取締役 /Kukuna Body代表の森部です。

何度もこのブログでもお伝えしてきていますが、何かを変えたい時に行うべきは具体的な行動を取ること。

「こうなったらいいなぁ」
「こうしたいなぁ」

そう思っているだけでは何も変わりません。

目的地にたどり着ける人は、出かけた人だけ

「行けたら行くわ」と言っている時、本当にその目的地にたどり着きますか?またそう言われた時に「あ、来る気ないな」と感じますよね。

何か目的を決めるときにはそれが曖昧では目的地が見えてきません。

「なったらいいな」「できたらいいな」はその曖昧な目的地のままでいること。

セミナーやセッションも同様

何か身体の不調やこころとの繋がり、なんとも表現できない自分自身の安定しない調子から「10シリーズを受けるぞ」という気持ちからお申し込みを下さる方々がいます。
自分の内面を知りたいから、とボディートークのセッションを申し込んでくださる方々がいます。

もっと身体のことを知り、クライアントとの関わり方を知りたいからとARLに申し込んでくださる方々がいます。

 

そしてその中でも、それらを通じた時間や機会を最大限に活かしている人とそうでない人はいます。多くの方がこの機会を活かしてくださっているのですが、100%全員がということでは残念ながらありません。

その違いは何か。

先を見据えていますか?

自分の意志で「こうなったらいいな」の先にあるものを見据えているかどうか。

それがあるから、ここでの時間を一つの通過点として、また時には立ち戻れるアンカーとして使ってくださっているのだと思います。

 

 

ただその場にいるだけではなく、能動的にアクションを起こしていける習慣を作る時間。だから色々と物事が動き出し、ひいては人生がかわりだす。

決意をしてお申し込みをしてくださった皆さんとの時間、とても楽しみですし、こちらも提供出来る最善のものを準備して、来てくださるみなさんの変容のお手伝いをしていけたらと思っています。

 

それではまた

森部高史


noteの有料マガジン[自分軸の人生と仕事の作り方(月刊べぇ)]はこちらから!

初月無料、月1000円です。(注)月額マガジン「自分軸の人生と仕事の作り方(月刊べぇ)」は購読月以降に公開された記事をまとめて読むことが出来ます。先月以前に出された過去記事は単品でご購入頂くことになります。

【無料PDFプレゼント】

個人サロン・治療院における自分軸経営の教科書

8割の専門家が忙しくても苦しい理由をご存知ですか?

お問い合わせ
フルネームでのご記入をお願いいたします
携帯キャリアメールはこちらからのメールがとどかないので、PCメールのご記入をお願いいたします
連絡の取れる電話番号をご記入お願い致します (例:090123456780)