自分の行動はあまり認識していないもの。だからこそ自分を見つめ直す機会をもつことの大切さ。

ABOUTこの記事をかいた人

森部高史

自分軸ライフクリエーター。株式会社Pono Life代表取締役。Kukua Body主宰。アメリカ在住時でATCとしてトップレベルアスリートのケアにあたる。数少ないロルフィング®の資格を持ち、クライアントの身体と心のバランスを整え人生に寄り添い、「先生」と呼ばれる治療家やセラピストを指導する立場にもある。その人柄と結果を導くセッションと講座には全国から参加する人が後を絶たない。

 

 

このブログでも何度か元陸上選手の為末さんのツイートを紹介していますが、今回もひとつ。

習慣の生きものとしてのぼく達

僕たちは習慣の生き物です。

自分で決定していると思っていることも、実は何度も何度も繰り返し行っているから自動化されている限られた範囲の中で選択している(ような気になっている)にすぎません。

いわゆる「癖」というものは必ずしも悪いものではなく、その人をあらわす「特徴」のようなものだと思っています。

 

だから「あなたにはこういう癖があるから直しましょう」

そう言われることで、ある程度の修正は効いたとしても、さほど長続きはしませんよね。

それは、単に見た感じに現れるよりもずっと深いところでその行動を選択しているから。

表面化する行動のずっと奥にあるもの

行動には必ず感情と情動が関わってきます。

前述の為末さんのツイートの中では「試合の直前に『重圧のあまり』」とあります。

 

「試合で良い結果を残さなければ、、、」

そのような気持ちがこの選手を支配していたのかもしれません。

 

はたから見ると常軌を逸した行動のように見えるかもしれませんが、本人はビデオに撮られるまで気づかなかった。

そういうことが起こりうるんですね。

 

これは極端な例に聞こえるかもしれませんが、多かれ少なかれ私たちは日常生活の中で似たようなことをしてきています。

それが癖、と言われるもの。

 

これは行動や仕草の癖、だけではなく思考の癖も含まれます。

「こうしなければいけない、、、」
「なんであいつらは、、、」
「自分はどうして、、、」
「あぁ、忙しい、忙しい、、、」

あまりにも普通に、そしていつも通りに動いている自分の中の気持ち。

そういったものが自分の行動を決めていきます。

日常選択している言葉によってもそれは型どられることを昔の人は知っていたから「言霊」という概念も生まれているのだと思います。

自分をちょっと覗いてみる

わかりやすい行動であれば、周りの人も見て認識することができるし、このツイートの例のようにビデオを撮ってもらうことで認識することができるかもしれません。

しかしこれほど顕著なものではなく、本当に日常の中で起こる些細なことの積み重ねの場合はなかなか認識することができません。

「どうしていつも自分は、、、」
「もっとこういう自分でいないと、、、」

そう思う時、本当の問題は感じている事柄のずっとずっとずーーーーーっと手前でのちょっとした思考が引き金になっていることが多々あります。

だからこそ「忙しい」とか「なんだか上手くいっていない」という時ほど、時間をつくり自分自身を振り返る内省がとても役に立つのだと思います。

自分一人でなかなか行うのが難しい、という場合は誰かの力を借りてみる。

 

そうするといつもの自分のパターンから抜け出すことができるので、客観的に自分を捉えることにも役立ちます。

ぼくのところに個人セッションを受けに来てくださる皆さんが、いろいろと内面の変化を感じ、それがその後の人生の変化につながっていくのは、意識的にしろ無意識的にしろ、「自分自身を振り返る」機会をたくさん感じていただけているからなのだろうな、と思います。

 

冒頭の、何時間も手を洗う選手のお話。

「手」は様々なものを表しますが、その中の一つには「執着」があります。

 

手を洗う時には、その手を開かなければいけません。

もしかしたらその選手は、心の奥底では勝利や結果というものを「手放し」全てを「水に流し」たかったのかもしれませんね。

身体、そして行動というものはとても興味深いものです。

 

それではまた

森部高史


【無料PDFプレセント】

世間的には無名でも自分のペースで仕事しながら楽しく長続きする個人サロン/治療院の秘密



登録はこちらから


自分軸を探求するオンラインサロン『ジブラボ』

多くのトレーナー、インストラクター、セラピスト、鍼灸師、柔道整復師といった身体の専門家、そしてもちろんそれ以外の体のことをお仕事にされていない方も集っています。

ジブラボについてはこちらをクリック

お問い合わせ
フルネームでのご記入をお願いいたします
携帯キャリアメールはこちらからのメールがとどかないので、PCメールのご記入をお願いいたします
連絡の取れる電話番号をご記入お願い致します (例:090123456780)