Brainの記事を購入したことで個人事業主やフリーランスが成長するお金の使い方がわかった話

ABOUTこの記事をかいた人

株式会社Pono Life代表取締役。Kukua Body主宰。アメリカ在住時でATCとしてトップレベルアスリートのケアにあたる。数少ないロルフィング®の資格を持ち、クライアントの身体と心のバランスを整え人生に寄り添い、「先生」と呼ばれる治療家やセラピストを指導する立場にもある。その人柄と結果を導くセッションと講座には全国から参加する人が後を絶たない。現在は自分の知識や経験をオンライン化していく方法を個人事業主や小規模法人経営者に伝えている

こんにちは、森部です。

先日、知識共有プラットフォームのBrainである方の記事を購入しました。

その記事と言うのはこちら⬇
月1万円を稼ぐ有料noteの売り方×作り方講座【音声講座付き】

 

このクロネコ屋さんというのはブログとSNSマーケティングを主流にTwitterを展開されていて、フォロワーも13万人を超える方で普段からフォローをさせていただいています。

そんなクロネコ屋さんがnoteで上記の講座を出す、ということですぐに自分も購入をさせていただき、その内容が有益過ぎたんです!

noteで有料記事を出す、ということに抱えていた不安

僕も2018年、2019年くらいにnoteで有料記事を出していました。

それ以降は自分のプラットフォームである MoribeTakashiTraining.com の方で動画コンテンツを中心とした講座を販売することが主になっているのでnoteでの発信も徐々にフェードアウトしていました。

いまでこそ僕も様々な媒体で発信をしていますし、オンラインコンテンツで収益をあげていますが、当時はnoteで有料記事を出すことに対して多くの葛藤もありました。

  • 自分が出すような物を買ってくれるのだろうか…
  • これを出すことでなんて言われるだろう…
  • 批判されたらやだなぁ…

そんなことばかり考えていました。

情報商材を扱っていると思われることを恐れていた

結局なんで発信すること、しかも有料で行うことに対して抵抗感やハードルを高く感じていたか、というと

「どう思われるか」ということを気にしすぎていたんですね。

情報商材屋っていうじゃないですか、「楽して稼げますよ」みたいに甘い言葉を囁いて高い参加料を支払わせる、というようなもの。

やっぱり情報に対してお金を払うって、最近でこそ少しずつ変わってきましたが、ほんの5−6年前であってもあまり日本では浸透していない感じがしていました。

でもこれっておかしな話で、教科書や本、各種セミナーもすべて「情報商材」なんですよね。

結局自分が、プライドを持って仕事をして、良いものを届け、それを受け取った人たちが喜んでくれているのであれば周りから何を言われても気にする必要がないんだ、ということに気がついた訳です。

結局の所、自分の弱さをほかのせいにしてやらないようにしていただけなんだな、と。

それでも一歩踏み出すことは怖かった

結果として、この一歩を踏み出したことで今のようにオンラインコンテンツを始めていくことになったので良かったのですが、当時は不安でいっぱいだったんですね。

正直今回、この記事を買って

「これはあの頃に知りたかったなぁー!」ということがたくさん書いてありました。

もちろんいま読んでも参考になることがたくさんあり、早速そのエッセンスを取り入れています。

そしてそれよりも、とても大切なことを学びました。

情報に対してお金を払う、という意識

このBrainの記事、決して安くはありません。

定価で9800円です。

ちょっと躊躇してしまいますよね、文章に対して9800円と言われても。

そして実はこの記事、発売から3日間は特別セールとして6800円で販売されていました。

それでもちょっと「高いな」と感じますよね。

(ただ、僕は以前からこの方の発信を追いかけていたの、それだけの価値あるものだとわかっていたから迷うことなく購入しました)

アフィリエイト機能があることで実質無料で知識を手に入れることができる

このBrainというプラットフォームの秀逸なところはアフィリエイト機能があるところ、要は紹介料が入るわけです。

レビューを書き、自分の紹介リンクから購入してくれる人が出たらそこに対して紹介料が支払われます。

今回、この記事は50%の紹介料が設定されていたので2人がそのリンクから購入したら元が取れる。実質無料で必要だった知識が手に入る、というわけ。

これは大きいですよね。

アフィリエイト、というと「何か怪しい…」という人もいますが、全くそんなことはないですし、そのリンクから購入した人が余計なお金を支払う、ということもありません。これはAmazonや楽天などでも普通に行われています。

結果として、内容自体に大満足していた僕は元を取るどころか数万円の利益をあげる結果になりました。

変わったのはその後の行動

そしてこれは自分でも驚いたのですが、この記事を読んでその内容を今後の有料noteに反映させる、というのは誰もが意識することになりますよね。

「よし、今度書く時はこうしよう」って。

だけど、今回はそれにとどまらなかったのです

この有料記事を購入したことで変わったこと

 

書かれている内容を理解し、次回以降の有料noteに活かす意識が芽生えたというのは至極当たり前のことかと思います。

同時にこの時思い出したのです。

自分も過去に有料noteを書いていて、それらはトータルで100万円近くの売上をあげていたものだということ。

そして、それらは2018−2019年に書いて放置したままにも関わらず未だに売れ続けている、ということにも。

そこで自分の意識が大きく変わりました。

この数年は動画コンテンツに力を入れていたけれど、文字だからこそ伝えられることやその手軽さを求めている人たちは一定数いる、ということに気づいたことから以下のことを行いました。

・過去の有料noteを一つのページにまとめ、加筆・修正をして再度プッシュしていくこと
・新作の有料noteの企画
・2019年以降発信をやめていた個人のブログの再開
・現在、構築中の新しいメルマガの文章や構成の修正
・Brainで販売する記事の企画
・紹介料であがった利益をさらなる3つの学びに投資

 

これだけの行動を購入から48時間以内に行いました。

 

僕が購入したのは有料noteの書き方に関する記事です。

そして、その記事を読んだことで自分の中で湧き上がってくるもの、動き出すものがありこれだけのことを行っています。

いま読んで頂いているこの文章も、あの記事を購入しなければ書いていません。このブログは2019年から更新をしていなかったのですから…

僕たちはお金を何に使っているのか

僕たちは日々お金を使って生活をしています。

日用品から、娯楽、贅沢、仕事のため、勉学のため、理由は様々です。

でもそのお金は、「それ」を手に入れるためだけにつかっているのではなく、

それを「手にした先の未来」をお金を支払うことで得ているのだ、ということを強く実感した出来事でした。

 

もちろんこれを購入した人すべてが同じように感じたりする訳ではないです。

自分の場合はたまたまいろいろなタイミングが合致しただけかもしれません。

 

でもこの「未来を手にする」ためにいまお金を使うということをやっている、それを感覚としていままで以上に取り入れることができたのは非常に大きな出来事だったな、と思っています。

 

これから、自分の文章を書いていくことで売上に繋げていきたい、という気持ちがある方はぜひこの記事を読んでみてください。

この記事が未来を変えてくれるわけではありません、最終的に手を動かしていくのはあなたです。

だけど、9800円でそのきっかけが手に入るのだとしたら、それってとても安いものですよね。

少なくとも自分にとっては非常に安い買い物になった、というよりも安くて非常に価値のある買い物にすることができた、というのが近いかもしれません。

 

気になる方はぜひチェックしてみてください。そして一緒にこうしたコンテンツをつくっていきましょう!

 

月1万円を稼ぐ有料noteの売り方×作り方講座【音声講座付き】

 

こちらは僕の書いている有料noteの一覧です

主に自分のバックグラウンドであるトレーナー(アスレチックトレーナー)やセラピスト・ボディワーカーの方向けに、どのように仕事と向き合うか、なりたたせていくか、について書いています。

専門技術を持って個人で活動する方には参考になることも多いかと。

こちらは今後随時追加していきますので是非チェックしてくださいね!

 

それではまた

森部高史