ポッドキャスト:自分軸商売のすすめ

ABOUTこの記事をかいた人

森部高史

自分軸ライフクリエーター。株式会社Pono Life代表取締役。Kukua Body主宰。アメリカ在住時でATCとしてトップレベルアスリートのケアにあたる。数少ないロルフィング®の資格を持ち、クライアントの身体と心のバランスを整え人生に寄り添い、「先生」と呼ばれる治療家やセラピストを指導する立場にもある。その人柄と結果を導くセッションと講座には全国から参加する人が後を絶たない。

先日公開してご好評をいただいているポッドキャスト「自分軸商売のすすめ」、おかげさまですでに多くの方に聞いていただいています。ありがとうございます!

すでにアップロードされている他のエピソード全体のリストはこちらから

なぜ発信を続けるのか

「なんで色々なところで発信するんですか?」って聞かれるけど身体の専門家として活動する中で、真面目にやってるのに食べていけない人にたくさん会って相談にのってきました。

その原因って知識や技術ではなくて、仕事の創り方なんです。

そしてその根幹となるのは自分の物の見方。ここが変わらないと何も変わらない。

 

  • 仕事は難しい
  • この仕事で稼ぐことは難しい
  • 1日中額に汗をかきながらやるのが仕事
  • 好きなことをやれているのなら生活が苦しいのは仕方がない
  • お金は汚い

 

などなど、そういう風にみていたら、それが現実のものとなる。

だからそういうことを気づける人から気づいて行動していくキッカケを掴んでほしい。

 

だって、フリーランスにせよ個人事業主や小規模法人として活動しているひとって、すごいんですよ。

 

長い時間とたくさんのお金をかけて、その専門的技術や知識を磨いて、磨き続けていつも真剣勝負を繰り返している。

そういう人たちが「食っていけない」とか「今はいいけど将来が不安」となってしまうのはやっぱり違うと思うのです。

 

もっと報われるし、もっとやれるはずなんです。

 

今やれている人ももっと楽に、将来の不安を減らしながら仕事ってできるし人生って楽しめるから

 

専門知識も大切だけど、それをいくら詰め込んでもかわらないんです、本当に。

どんなに技術・経験があっても、生活が苦しい人は驚くほどいます。

有名人や有名選手と仕事をしているからといって、決して楽な生活をしているわけではない人が大半です。

 

だからお金の話も沢山しています。だって大事なことだから。

 

これからも伝え続けて、自分自身の可能性を信じながら、多くの人の役にたって困っている人たちを助けていきたいという専門家たちの力になれるように、発信を続けていきます。

 

自分の名前で仕事をしているフリーランスや個人事業主の方たち(特に『無形のサービス』)を提供している人たちにむけてのこのポッドキャスト、公開して数日ですがすでに数百の方たちに聞いていただいているようです。

 

いいな、とおもったエピソードなどがあればぜひSNSなどでシェアしてくださいね!

感想やこんな事を話してほしいということもお待ちしています!

 

↓現在11エピソード公開中!↓

ポッドキャスト「自分軸商売のすすめ」はこちらから

それではまた

森部高史


【無料PDFプレセント】

世間的には無名でも自分のペースで仕事しながら楽しく長続きする個人サロン/治療院の秘密



登録はこちらから


自分軸を探求するオンラインサロン『ジブラボ』

多くのトレーナー、インストラクター、セラピスト、鍼灸師、柔道整復師といった身体の専門家、そしてもちろんそれ以外の体のことをお仕事にされていない方も集っています。

ジブラボについてはこちらをクリック