自分の枠を広げるシンプルな方法

ABOUTこの記事をかいた人

森部高史

自分軸ライフクリエーター。株式会社Pono Life代表取締役。Kukua Body主宰。アメリカ在住時でATCとしてトップレベルアスリートのケアにあたる。数少ないロルフィング®の資格を持ち、クライアントの身体と心のバランスを整え人生に寄り添い、「先生」と呼ばれる治療家やセラピストを指導する立場にもある。その人柄と結果を導くセッションと講座には全国から参加する人が後を絶たない。

こんにちは、森部(@moribeimori)です。

 

自分にとっての当たり前は自分にとってだけの当たり前だったりする訳ですが、時にそれはみんなにとっても共通するものとしてとらえてしまうことがあります。

その枠にとらわれすぎてなかなか思うような成果がでなかったり、自分はダメだ…と思ったり。

はたまた、わかってはいるのだけれど、なかなか人の意見を聞き入れることができなかったり。

そんな時は枠を広げる試みをしてみるといいと思います.
その枠の広げ方は非常にシンプル。

一人でこもらず、人に会おう

まずは人に会うこと。たくさん会うこと。自分が話をするために、ではなく話を聞くために。

そして、話を聞いている時には自分の意見を挟まずにしっかりと聞くこと。愚痴や否定の言葉を挟まない。

愚痴や否定の言葉は自分の枠の中に自分を留めてしまいます。

 

その回路を遮断して、人の話をじっくり聞くことで、少しずつ自分のなかに違う考えや受け取り方が芽生えてきます。

うまくいかないのは、自分の知っていることだけで判断をしてしまうから。

自分がまだ知らないことをどう受け取れるようになるかで状況は変わっていくものだと思うから。

 

それではまた

森部高史


【無料PDFプレセント】

世間的には無名でも自分のペースで仕事しながら楽しく長続きする個人サロン/治療院の秘密



登録はこちらから


自分軸を探求するオンラインサロン『ジブラボ』

多くのトレーナー、インストラクター、セラピスト、鍼灸師、柔道整復師といった身体の専門家、そしてもちろんそれ以外の体のことをお仕事にされていない方も集っています。

ジブラボについてはこちらをクリック