自分の枠を広げるシンプルな方法

ABOUTこの記事をかいた人

森部高史

自分軸ライフクリエーター。株式会社Pono Life代表取締役。Kukua Body主宰。アメリカ在住時でATCとしてトップレベルアスリートのケアにあたる。数少ないロルフィング®の資格を持ち、クライアントの身体と心のバランスを整え人生に寄り添い、「先生」と呼ばれる治療家やセラピストを指導する立場にもある。その人柄と結果を導くセッションと講座には全国から参加する人が後を絶たない。

こんにちは、株式会社Pono Life代表取締役 /Kukuna Body代表の森部です。

自分にとっての当たり前は自分にとってだけの当たり前だったりする訳ですが、時にそれはみんなにとっても共通するものとしてとらえてしまうことがあります。

その枠にとらわれすぎてなかなか思うような成果がでなかったり、自分はダメだ…と思ったり。

はたまた、わかってはいるのだけれど、なかなか人の意見を聞き入れることができなかったり。

そんな時は枠を広げる試みをしてみるといいと思います.
その枠の広げ方は非常にシンプル。

一人でこもらず、人に会おう

まずは人に会うこと。たくさん会うこと。自分が話をするために、ではなく話を聞くために。

そして、話を聞いている時には自分の意見を挟まずにしっかりと聞くこと。愚痴や否定の言葉を挟まない。

愚痴や否定の言葉は自分の枠の中に自分を留めてしまいます。

 

その回路を遮断して、人の話をじっくり聞くことで、少しずつ自分のなかに違う考えや受け取り方が芽生えてきます。

うまくいかないのは、自分の知っていることだけで判断をしてしまうから。

自分がまだ知らないことをどう受け取れるようになるかで状況は変わっていくものだと思うから。

 

それではまた

森部高史


noteの有料マガジン[自分軸の人生と仕事の作り方(月刊べぇ)]はこちらから!

初月無料、月1000円です。(注)月額マガジン「自分軸の人生と仕事の作り方(月刊べぇ)」は購読月以降に公開された記事をまとめて読むことが出来ます。先月以前に出された過去記事は単品でご購入頂くことになります。

【無料PDFプレゼント】

個人サロン・治療院における自分軸経営の教科書

8割の専門家が忙しくても苦しい理由をご存知ですか?

お問い合わせ
フルネームでのご記入をお願いいたします
携帯キャリアメールはこちらからのメールがとどかないので、PCメールのご記入をお願いいたします
連絡の取れる電話番号をご記入お願い致します (例:090123456780)