成果を出せる人は○○で仕事をしない

ABOUTこの記事をかいた人

森部高史

自分軸ライフクリエーター。株式会社Pono Life代表取締役。Kukua Body主宰。アメリカ在住時でATCとしてトップレベルアスリートのケアにあたる。数少ないロルフィング®の資格を持ち、クライアントの身体と心のバランスを整え人生に寄り添い、「先生」と呼ばれる治療家やセラピストを指導する立場にもある。その人柄と結果を導くセッションと講座には全国から参加する人が後を絶たない。

あなたは、いつでも安定的に成果を出し続ける事ができますか?

それとも、とても良い結果が出せる時はあるけれど、同時に悪い時はとめどなく悪い、というタイプでしょうか。

もし、思い当たる節があるのなら、その原因は「感情」かも知れません。

感情の主は誰か

あなたは、感情にコントロールされているでしょうか

それともあなたが感情をコントロールしているでしょうか

一緒に仕事をしていく上で、関係性を築くのに非常に難しいタイプの人がいます。

それは感情で仕事をしてしまう人。

感情で仕事をするというのはどういうことか

一見情熱的でやる気に溢れてとても良い効果が生まれそうな気がします。

もちろんそういったケースもあります。

ただし、気をつけなければいけないのは良い時だけではなく、悪い時にどのような反応をその人がするかです。

人間誰だって良い時には良い反応をします
それよりもその人の本性が現れるのは、決して状況が順風満帆ではない時です。

悪い時にこそその人の本性が現れます。

 

感情で仕事をする人は、その良い時と悪い時との差が非常に激しいケースが多いです

しかしそれでは安定した仕事をすることはできません

プロの条件

プロとして仕事をする、プロとして仕事を依頼する、ということは高い専門性ということも当然仕事を依頼する上で大切な一要因とはなりますが、最も重要視していることは良い質のものをコンスタントに提供してくれるかどうかです

それによって関係性が築かれ継続的なビジネスとなっていきます。

自分自身のパフォーマンスを知るには

自分自身のパフォーマンスを知る計測の仕方が二つあります。

それは自分のベストの日にどのようなことができたのかということ。
もう一つは自分の最悪な日にどういったことができたのかということ。

ベストの日にできたことは自分自身がどれほど遠くまで行けるかを教えてくれます。
そして最悪の日にできたことは自分自身が今現在どういったことを提供できているのか教えてくれます。

本当のプロというものは感情に左右されてはいけません。

嬉しい楽しい悲しい寂しい色々あります。
生きていたら当たり前です。

それらの感情を大切にすることで人間的魅力というものは磨かれていきますが、こと仕事というステージになると喜びや悲しみなどを表現する機会はあったとしても、プロとしての責務を全うするということが第一優先になります。

感情にコントロールされない、といいっても感情全てをけして冷徹になれと言っているわけではありません。しかしながら感情に振り回されることなく淡々と仕事をこなしていくということが結果を出していくためには必要になります。

あなたは感情にコントロールされていますか
それともあなたが感情をコントロールしていますか

似ているようで大きく異なる結果をもたらす違いになります

少し意識をしてみてください

それではまた

森部高史


noteの有料マガジン[自分軸の人生と仕事の作り方(月刊べぇ)]はこちらから!

初月無料、月1000円です。(注)月額マガジン「自分軸の人生と仕事の作り方(月刊べぇ)」は購読月以降に公開された記事をまとめて読むことが出来ます。先月以前に出された過去記事は単品でご購入頂くことになります。

【無料PDFプレゼント】

個人サロン・治療院における自分軸経営の教科書

8割の専門家が忙しくても苦しい理由をご存知ですか?

お問い合わせ
フルネームでのご記入をお願いいたします
携帯キャリアメールはこちらからのメールがとどかないので、PCメールのご記入をお願いいたします
連絡の取れる電話番号をご記入お願い致します (例:090123456780)