覚悟を決めましょう、自分のね。

ABOUTこの記事をかいた人

森部高史

自分軸ライフクリエーター。株式会社Pono Life代表取締役。Kukua Body主宰。アメリカ在住時でATCとしてトップレベルアスリートのケアにあたる。数少ないロルフィング®の資格を持ち、クライアントの身体と心のバランスを整え人生に寄り添い、「先生」と呼ばれる治療家やセラピストを指導する立場にもある。その人柄と結果を導くセッションと講座には全国から参加する人が後を絶たない。

物事を実現していく際に、これがないと事が運んでいかないもの。

 

覚悟。

どれだけ覚悟をきめていますか?

覚悟とは静かなもの

覚悟というと「えいやっ!!!」みたいに気合を入れないといけないような気がするかもしれないけれど、本当の覚悟ってもっと静かなもの。

 

「うん、やるよ、だって決めたんだもん」

それくらい軽く聞こえるような感じ。

 

無理して決めるとどうしても歪みが生じてくる。

本当の意味での決断を知らない時はそういった形での経験も必要になってくるかもしれない。

 

でも毎回毎回それでは、きっと決断する覚悟はしんどいものだと思ってしまうことでしょう。

 

覚悟とは自分との約束。

 

だから本当の覚悟はとても静かなもの。

 

もし、自分を奮い立たせなければ覚悟ではない気がしてしまっているのなら、本当に覚悟ができない理由は他にあるのではないでしょうか。

それを探してみることが一番の近道かもしれません。

きっとそれが、最も避けてきていることだから。

 

それではまた

森部高史


noteの有料マガジン[自分軸の人生と仕事の作り方(月刊べぇ)]はこちらから!

初月無料、月1000円です。(注)月額マガジン「自分軸の人生と仕事の作り方(月刊べぇ)」は購読月以降に公開された記事をまとめて読むことが出来ます。先月以前に出された過去記事は単品でご購入頂くことになります。

【無料PDFプレゼント】

個人サロン・治療院における自分軸経営の教科書

8割の専門家が忙しくても苦しい理由をご存知ですか?

お問い合わせ
フルネームでのご記入をお願いいたします
携帯キャリアメールはこちらからのメールがとどかないので、PCメールのご記入をお願いいたします
連絡の取れる電話番号をご記入お願い致します (例:090123456780)