伝えることを伝えきる

ABOUTこの記事をかいた人

森部高史

自分軸ライフクリエーター。株式会社Pono Life代表取締役。Kukua Body主宰。アメリカ在住時でATCとしてトップレベルアスリートのケアにあたる。数少ないロルフィング®の資格を持ち、クライアントの身体と心のバランスを整え人生に寄り添い、「先生」と呼ばれる治療家やセラピストを指導する立場にもある。その人柄と結果を導くセッションと講座には全国から参加する人が後を絶たない。

こういう仕事をしていると様々な経歴をお持ちの方とご縁をいただく機会があります。

そういった御縁の中で思うこと。

それは伝えるものがある人はそれをしっかり伝えきる事を大切に考えてみてはどうだろうか、ということ。

自分の経験を棚卸しすること

今宵もリオ五輪に帯同された方との時間を過ごさせてもらいましたが、こういった経験はもとより何よりこの方の素晴らしいことは単にスポーツ競技だけで考えておらず、人生について考えさせる力を持っているということ。

なかなか現場レベルで競技を見ていてそういったことに頭が回るひとはいません。

 

何も五輪に関わったから、というわけではなく、一人でもお客さんが付いているのであればプロなわけですから、今までの自分がつちかってきたもの、人生の中で考えてきたこと、達成してきたこと、成果を上げてきたことなど自分の言葉できちんとアウトプットできるようにする。

それにはとっても価値があります。

 

今の自分があるのは、それまでの自分が経験してきたことがあるから。

その集大成である、今の自分を自分の言葉で伝えられるとそれに勇気づけられたり、参考になったり、一歩踏み出す勇気にかわったりすることがあるのです。

 

自分の経験は自分だけのものではありません。

自分が歩んできた道を振返り、それを自分の言葉でアウトプットしてみる、というのはいかがでしょうか。

きっと届けられるものがたくさんあると思いますよ。

それではまた

森部高史


noteの有料マガジン[自分軸の人生と仕事の作り方(月刊べぇ)]はこちらから!

初月無料、月1000円です。(注)月額マガジン「自分軸の人生と仕事の作り方(月刊べぇ)」は購読月以降に公開された記事をまとめて読むことが出来ます。先月以前に出された過去記事は単品でご購入頂くことになります。

【無料PDFプレゼント】

個人サロン・治療院における自分軸経営の教科書

8割の専門家が忙しくても苦しい理由をご存知ですか?

お問い合わせ
フルネームでのご記入をお願いいたします
携帯キャリアメールはこちらからのメールがとどかないので、PCメールのご記入をお願いいたします
連絡の取れる電話番号をご記入お願い致します (例:090123456780)