不安になるのは暇だから

ABOUTこの記事をかいた人

森部高史

自分軸ライフクリエーター。株式会社Pono Life代表取締役。Kukua Body主宰。アメリカ在住時でATCとしてトップレベルアスリートのケアにあたる。数少ないロルフィング®の資格を持ち、クライアントの身体と心のバランスを整え人生に寄り添い、「先生」と呼ばれる治療家やセラピストを指導する立場にもある。その人柄と結果を導くセッションと講座には全国から参加する人が後を絶たない。

こんにちは、森部(@moribeimori)です。

 

なんだか突然不安に襲われたり、何かに取り組んでいたりするときにふと不安になること、ありますよね。

 

本当に自分にできるのだろうか

うまくいかなかったらどうしよう

こんなこともできなかったら、、、

これからどうなってしまうのだろう

 

そんな思いに駆られることもあるかもしれません。

不安の原因を知ること

うまくいかせたい、そう思うからこその不安でもありますが、不安になる時は思っているほど没頭してその事柄に取り組んでいない、ということも事実。

明確なプランをたてていく過程を経て、実行に移していけば不安になっている暇はありません。なぜなら目の前のことに取り組んでいかなければその目標は達成できないことがわかっているから。

 

どこか不安に襲われてしまう時、自分の目標やタスクに対して100%向き合っているか確認してみてください。

そこに向き合えないとしたら、そこに不安の原因がきっと隠れていると思うから。

それではまた

森部高史