チャンスを逃してしまう人から良く聞かれる口癖

ABOUTこの記事をかいた人

森部高史

自分軸ライフクリエーター。株式会社Pono Life代表取締役。Kukua Body主宰。アメリカ在住時でATCとしてトップレベルアスリートのケアにあたる。数少ないロルフィング®の資格を持ち、クライアントの身体と心のバランスを整え人生に寄り添い、「先生」と呼ばれる治療家やセラピストを指導する立場にもある。その人柄と結果を導くセッションと講座には全国から参加する人が後を絶たない。

 

普通の人は毎日忙しいと思うのです。

 

あれもやらないといけない、これもやらないといけない。

ようやく一段落ついたかと思えば、また別の仕事ややることがふってきた。

 

生きていたら色々ありますよね。

 

ただそれでも、自分の思い通りに人生を形作っていける人というのも存在します。

 

その違いってなんなのだろう、ということをここではお伝えしていきます。

 

チャンスを逃さない人の特徴

自分のやりたいことを形に出来ているひとは、いわばチャンスをモノに出来た人、と言えます。

 

では、なぜその人達はチャンスをモノにできたのか。

 

実力があったから?

運がよかったから?

 

もちろんそういった前提条件もあるかもしれません。

 

しかし最も大事なことは、その人達は結果を恐れずに打席に立った、ということ。

しかも一度や二度だけではなく、たち続けた、ということ。

 

チャンスを待っているわけではないのです。

自分で、行動をしていったっ結果振り返ったら、その時がチャンスという転機になったというだけの話。

 

チャンスを活かせない人の特徴

 

最大の特徴は【チャンスを待つ】ということ。

 

ただ、はっきり言っておくと待ってやってくるチャンスなんて存在しません。

 

宝くじ買ってもいないのに、当たらないのと一緒です。

プロ野球選手になりたいって言っているのに、ずっと野球ゲームしているのと一緒です。

セラピストとして身を立てていきたいと言っているのに、自分の存在を知ってもらう活動をしていないのと一緒です。

 

チャンスなんて存在しないのです。

 

結果的に、いつか振り返った時に

「あの時が転機でしたね」

と自分が感じることを

「あの人はチャンスをつかんだ」

と他の人が表現するものなのです。

 

「はい、チャンスです。つかんで下さい!」

 

と言ってボールがとんでくるわけではありません。

 

ただ、やはりみんな社交辞令のように言ってしまうのですよね。

 

「機会があれば」って。

 

機会は自らつくるものです。

 

今よりも何かを良くしたいと思うのであれば、自らすすんで打席に立つようにしてみてください。

三振したっていい、凡打だっていい、デッドボールだっていい。

その場所にたったから、経験したから、自分の胸の鼓動の早さに気づいたからわかることがあります。

 

それを経験できるのも、自ら機会をつくってチャレンジしたひとだけだから。

 

その積み重ねが、後に誰かに「あの人はチャンスをつかんだ」と言わせるものになっていくのだから。

 

機会があれば、と言っている時点でその機会を逃している件

それではまた

森部高史


noteの有料マガジン[自分軸の人生と仕事の作り方(月刊べぇ)]はこちらから!

初月無料、月1000円です。(注)月額マガジン「自分軸の人生と仕事の作り方(月刊べぇ)」は購読月以降に公開された記事をまとめて読むことが出来ます。先月以前に出された過去記事は単品でご購入頂くことになります。

【無料PDFプレゼント】

個人サロン・治療院における自分軸経営の教科書

8割の専門家が忙しくても苦しい理由をご存知ですか?

お問い合わせ
フルネームでのご記入をお願いいたします
携帯キャリアメールはこちらからのメールがとどかないので、PCメールのご記入をお願いいたします
連絡の取れる電話番号をご記入お願い致します (例:090123456780)