自分が安心できる場を持つこと

こんにちは、森部高史(べぇさん)です。

脳が常に求めているもの

人間の脳は無意識のうちにその環境が安全であるかを探していると言われています。

それはそうですよね、自分の命を守るために、種の保存をしていくために安全であるというのは絶対必要条件になります。

 

それが人間の本能であるならば、僕たちはこの社会で生きていく中でどれだけ自分の身を安全と信じきれる環境においているのでしょうか。

 

オフィスでは身体を入り口にしながら自分の気持も大切に扱っていくロルフィングや意識に対してアプローチしていくボディートーク、そしてセミナーなどを行っていますが、それらの中で自分が最も大切にしているのは

 

安全な環境作り

 

ここだったら大丈夫だよね
Kukunaだったら大丈夫

 

そう思ってもらえるように、まずは自分自身が安心してもらえる存在であることを心がけています。

安心して素の自分をさらけ出せる場所はありますか?

安心できる場でなければその人の本当の疑問や抱えている問題に対して手助けすることはできない。

身構えさせていたら、出てくるものも出てこないから。

 

だから自分自身が何より今の自分の状態に安心して身を任せていられる必要があります。

だって、この身体が僕たち一人ひとりの住処なのだから。

自分の身体が快適で、心の部分と一致していれば、どのような環境に置いても最低限の安全な場所がいつも一緒にいるということだから。

 

だから一人でも多くの人に身体が快適であることの重要性を知ってほしい。

いま、僕達が好きなことをできるのは、この身体があるからできているわけなのだから。

 

それではまた

森部高史


noteの有料マガジン[自分軸の人生と仕事の作り方(月刊べぇ)]はこちらから!

初月無料、月1000円です。(注)月額マガジン「自分軸の人生と仕事の作り方(月刊べぇ)」は購読月以降に公開された記事をまとめて読むことが出来ます。先月以前に出された過去記事は単品でご購入頂くことになります。

無料PDFプレゼント

【無料PDFプレセント】クライアントから必要とされ売れる専門家への第一歩
個人事業主として損をしないために抑えておくべき11のこと

「売れたい」そう思うのであれば、避けておくべきことがあります。それは自分の持つリソースの無駄遣い。あなたはここに書いてある11個を「知っている」だけでなく、当たり前のこととして行うことが出来ていますか?

The following two tabs change content below.
森部高史
自分軸ライフクリエーター。株式会社Pono Life代表取締役。Kukua Body主宰。アメリカ在住時でATCとしてトップレベルアスリートのケアにあたる。数少ないロルフィング®の資格を持ち、クライアントの身体と心のバランスを整え人生に寄り添い、「先生」と呼ばれる治療家やセラピストを指導する立場にもある。その人柄と結果を導くセッションと講座には全国から参加する人が後を絶たない。

ABOUTこの記事をかいた人

森部高史

自分軸ライフクリエーター。株式会社Pono Life代表取締役。Kukua Body主宰。アメリカ在住時でATCとしてトップレベルアスリートのケアにあたる。数少ないロルフィング®の資格を持ち、クライアントの身体と心のバランスを整え人生に寄り添い、「先生」と呼ばれる治療家やセラピストを指導する立場にもある。その人柄と結果を導くセッションと講座には全国から参加する人が後を絶たない。