紙一枚の差が生み出すもの

ABOUTこの記事をかいた人

森部高史

自分軸ライフクリエーター。株式会社Pono Life代表取締役。Kukua Body主宰。アメリカ在住時でATCとしてトップレベルアスリートのケアにあたる。数少ないロルフィング®の資格を持ち、クライアントの身体と心のバランスを整え人生に寄り添い、「先生」と呼ばれる治療家やセラピストを指導する立場にもある。その人柄と結果を導くセッションと講座には全国から参加する人が後を絶たない。

馬鹿と天才は紙一重、という言葉があるようにちょっとしたことの違いが大きな差を生んでいるということがあります。

ここ最近、様々な場面でその「紙一枚」の差なんだけれどそれをわかっているかどうかが大きな差になる、という件についてお話をすることが多くあります。

頭の理解と体感値による理解の違い

わかっている、といっても頭で理解しているのではなくて体感値として理解しているということ。これも紙一枚の差です。

「あー、そうですよね、わかります」と言葉だけでいっているときは何もわかっていないから。

 

自由であること。

それは自分のやりたいことを自分のやりたいようにやる、ということではなく、自分で全ての責任を取るということ。

 

ありのままの自分。

それは全てをあけっぴろげに傍若無人に振る舞う、ということではなく自分が大切にしているものをしっかりと伝えるということ。

 

楽しく生きる。

それは自分のその時の気分でやりたいことを決める、ということではなく自分の好きを追求していくこと。

 

文字で表すと差は対してわからない。

大きな違いとして現れるのはそれを形にしていくとき。

想いを形にする方法

行動に移していくことだけで、それらの想いは形になっていく。

 

自分の気の合う仲間と、「わかるわかるー!」と言ってきゃーきゃー「楽しく」過ごしているのも悪くはない。

でもそこに厚みを持たすことができるかどうかは、紙一枚の差をお腹の底から理解して、行動に移しているかどうかだから。

 

それではまた

森部高史


noteの有料マガジン[自分軸の人生と仕事の作り方(月刊べぇ)]はこちらから!

初月無料、月1000円です。(注)月額マガジン「自分軸の人生と仕事の作り方(月刊べぇ)」は購読月以降に公開された記事をまとめて読むことが出来ます。先月以前に出された過去記事は単品でご購入頂くことになります。

【無料PDFプレゼント】

個人サロン・治療院における自分軸経営の教科書

8割の専門家が忙しくても苦しい理由をご存知ですか?

お問い合わせ
フルネームでのご記入をお願いいたします
携帯キャリアメールはこちらからのメールがとどかないので、PCメールのご記入をお願いいたします
連絡の取れる電話番号をご記入お願い致します (例:090123456780)