お金のためだけに働いていると仕事も人生はうまくは回らない

ABOUTこの記事をかいた人

森部高史

自分軸ライフクリエーター。株式会社Pono Life代表取締役。Kukua Body主宰。アメリカ在住時でATCとしてトップレベルアスリートのケアにあたる。数少ないロルフィング®の資格を持ち、クライアントの身体と心のバランスを整え人生に寄り添い、「先生」と呼ばれる治療家やセラピストを指導する立場にもある。その人柄と結果を導くセッションと講座には全国から参加する人が後を絶たない。

Kukuna Bodyには個人サロンを開かれている方やフリーランス・個人事業主として経営をされているも多くいらっしゃいます。つまりは経営者です。

そんな多くの経営者から相談を受けることがよくあります。

 

経営者というと法人格の会社を経営している方だけを想像しがちですが、そうではありません。

でも個人事業主として、またフリーランスとして自分の定住地を持たずに活動をされている方々の中には「経営」をしているという考えを持っていない事が理由で壁にぶつかっている方も多いように日頃受ける相談からは感じています。

経営者は孤独である

経営者であるということは、その規模を問わず大変な思いをすることも多いです。良く経営者は孤独である、と言われますが、なかなか思っている事をシェアしたり相談出来る場や時間がないという所でしょうか。

思っている事をそのまま話せないという所には苦しさもあるでしょう。

とはいえ本来それはポジティブな苦労ですよね、自分がやりたいことを選んでやっているわけですから。

 

もちろん全てが常に上手くいくわけじゃない、時にはじっと身を低くして嵐が過ぎ去るのを待たなければいけないときもあると思います。

でもそれも、仕事を通して何かを社会に届けたいから、ですよね?

お金を稼ぐために仕事があるのではない

仕事ってお金を稼ぐためにやっているわけではありませんよね?

もちろんお金ってとても大切。

だけどお金のために仕事をしているわけではないのです。

 

何か届けたいものがあるから、それを仕事として、その対価として金銭の授受を行っているということ。

 

届けたいもの(目的)を形するための仕事(手段)が

仕事をする(手段)ことでお金を得る(目的)にすり替わってしまっていることはないでしょうか。

 

仕事のために人生があるのではなく、人生で達成したいもののために仕事がある。

 

仕事がうまくまわっていないな、と感じる方は一度そのあたりを見つめ直してみてはいかがでしょうか。

好きを仕事にするためのビジネス講座:ぽのビジ

ビジネス、というと堅苦しく聞こえたり、とてもおおごとに聞こえたりするかもしれないけれど、自分自身が個人事業主として活動しているということは「事業」を行っているということを認識できているか、そうではないかで仕事の質というものは大きく変わってきます。

なぜなら、仕事というのはその人の人生そのものがあらわれるから。

仕事のための人生ではなく、人生のなかで大切にしていることを形にしたものが仕事です。

そんなことを、真剣に考えていく講座がぽのビジです。

詳細はこちらからどうぞ。

「好きを仕事にすることは出来る?」結論から言うと「出来ます」。それはあの人が特別だからではありません。「好き」を仕事にするために必要なこと。それは早い段階で...

それではまた

森部高史


noteの有料マガジン[自分軸の人生と仕事の作り方(月刊べぇ)]はこちらから!

初月無料、月1000円です。(注)月額マガジン「自分軸の人生と仕事の作り方(月刊べぇ)」は購読月以降に公開された記事をまとめて読むことが出来ます。先月以前に出された過去記事は単品でご購入頂くことになります。

【無料PDFプレゼント】

個人サロン・治療院における自分軸経営の教科書

8割の専門家が忙しくても苦しい理由をご存知ですか?

お問い合わせ
フルネームでのご記入をお願いいたします
携帯キャリアメールはこちらからのメールがとどかないので、PCメールのご記入をお願いいたします
連絡の取れる電話番号をご記入お願い致します (例:090123456780)