全面禁煙になったことで来店頻度が激増した話

ABOUTこの記事をかいた人

森部高史

自分軸ライフクリエーター。株式会社Pono Life代表取締役。Kukua Body主宰。アメリカ在住時でATCとしてトップレベルアスリートのケアにあたる。数少ないロルフィング®の資格を持ち、クライアントの身体と心のバランスを整え人生に寄り添い、「先生」と呼ばれる治療家やセラピストを指導する立場にもある。その人柄と結果を導くセッションと講座には全国から参加する人が後を絶たない。

 

こんにちは、森部(@moribeimori)です。

僕はタバコを吸いません。
吸わないどころか、嫌煙家のレベルです。

 

野外の喫煙所であっても「場所を守っているからいいでしょ?」というように吸われていると

「煙の匂いと有害物質は飛んでくるんじゃ!」

というレベルでイラッとしてしまいます。

 

「分煙しています」と言いながら、密閉されていないパーテーションで煙がモクモクしているレストランやカフェなども幻滅してしまいます。

 

とまぁ、それくらいタバコの煙が嫌いな自分なのですが、先日こちらが完全禁煙化していることを発見。

 

そう、コメダ珈琲三軒茶屋店。

みんな大好きKO ME DA!

 

ここも過去に何度か利用したことがあったのですが、前述しているような分煙と言いながら全く区分けができていなくて、喫煙室との扉もない、まったく意味のない「分煙」スタイルだったため、あまり利用したい場所ではありませんでした。

しかし、先日ひさしぶりに足を運ぶ機会があって、店内に入ってみると。。。

あれ?なんか様子が違う!

あ!!!完全禁煙になってる!!!!!!

 

 

もう嬉しくなってしまいましたよ。空気が違う。

 

べぇ
完全禁煙になったんですね!

 

べぇ
そうなんです、すいません・・・

 

べぇ
いえいえ、大歓迎です。来たいな、と思っていてもなかなか煙のせいで足を運べなくて。これならこれから来ます!

 

そうお伝えしました。

 

すると

べぇ
(ホッとして)それなら良かったです。ご不満に感じられる方もいらっしゃるので

 

というじゃありませんか。

 

 

確かに来店者がある時にお店の方は

「完全禁煙ですがよろしいですか?」

と聞くと

「え!?吸えないの?なんで?」と一言二言残して踵を返す人も多いです。

 

確かに、今まで吸えていたのに突然吸えなくなっていたら驚きますよね。

外でパソコン作業をすることが多い自分であれば、今まで電源のあるカフェだったのにいきなりすべての電源が撤去されているみたいな感じでしょうか。

 

相手の気持はわからない、特に自分が理解出来ないものの場合は

 

タバコを吸う人にはタバコを吸わない人の気持ちはわかりません。

タバコを吸わない人にはタバコを吸う人の気持ちはわかりません。

 

わかりあえないものを、わかり合うように仕向けるのはとても大変ですし、そもそも出来ません。

 

それならば、両者の接点をつくらないようにするのが一番はやい。

 

 

特に自分自身でビジネスをしているのであれば、顧客を選ぶ必要がある

 

どういった人を対象に自分がビジネスをしてくのか、個人事業を営んでいくのかはその人の考え方しだいですし、様々な要素があります。

そのなかで、やはり大切にしておくべきは「自分が相手にしたいのはどういった人たちか。」

 

あちらを立てればこちらが立たないですし、個人事業主の場合は、すべてのことに対応できるだけの人的資源も金銭的資源もありません。

 

自分が持っているリソースは、最大限一点投資することが基本。

 

業態やエリアにもよるでしょうが、完全禁煙化を行うことにしたことで、一時的に売上がさがっても、後に増収になったり、いわゆる「質の良い」お客さんが増えるという話もあります。

(喫煙者ばかりに支えられていた、オフィス街の喫茶店などは難しいでしょうが)

 

そのお店ではたらく人にとっても良い環境になりますよね。

 

コメダ珈琲三軒茶屋店が完全禁煙になったと知ってから1週間ですでに5回来店しています。

過去3年で5回も来店していないのに。

 

あなたはどういった人を相手にしたいと思ってますか?

その人達にどのようなメッセージを投げていますか?

 

とにかく僕が言いたいことは

「また来ます!」ということと

 

べぇ
完全禁煙ばんざー---い!

それではまた

森部高史


自分軸を探求するオンラインサロン『ジブラボ』

多くのトレーナー、インストラクター、セラピスト、鍼灸師、柔道整復師といった身体の専門家、そしてもちろんそれ以外の体のことをお仕事にされていない方も集っています。

ジブラボについてはこちらをクリック


noteの有料マガジン[自分軸の人生と仕事の作り方(月刊べぇ)]はこちらから!

初月無料、月1000円です。(注)月額マガジン「自分軸の人生と仕事の作り方(月刊べぇ)」は購読月以降に公開された記事をまとめて読むことが出来ます。先月以前に出された過去記事は単品でご購入頂くことになります。

お問い合わせ
フルネームでのご記入をお願いいたします
携帯キャリアメールはこちらからのメールがとどかないので、PCメールのご記入をお願いいたします
連絡の取れる電話番号をご記入お願い致します (例:090123456780)