幸せになりたいなら、全てのことに意味付けをするのをやめよう

ABOUTこの記事をかいた人

森部高史

自分軸ライフクリエーター。株式会社Pono Life代表取締役。Kukua Body主宰。アメリカ在住時でATCとしてトップレベルアスリートのケアにあたる。数少ないロルフィング®の資格を持ち、クライアントの身体と心のバランスを整え人生に寄り添い、「先生」と呼ばれる治療家やセラピストを指導する立場にもある。その人柄と結果を導くセッションと講座には全国から参加する人が後を絶たない。

こんにちは、株式会社Pono Life代表取締役 /Kukuna Body代表の森部です。

全てのことには意味がある。
Everything happens for a reason.

僕もそう思います。

今までの人生を振り返ると、「そうか、こういうことだったのか」ということがたくさんあります。

しかし、全てのことには意味があるけれど、全てのことに意味付けをして、自分を苦しめていることはないでしょうか。

悲劇のヒーロー・ヒロインになっていませんか?

Kukuna Bodyにおいて体と心を繋ぐ仕事をしていることから、人生の岐路に立っている方のサポートをさせて頂く事が多いです。

時には自分の健康から、時には周りの環境との兼ね合いから、大変な時間を過ごしている方も少なくありません。そういった時間を自分ごととしてすごしていくのは辛いです。

辛いのですが、その中で、自分の身に辛い事が起こっている時に陥りがちな現象として

 

「なぜ私にはこんなことが起こるのか、、、これにはどんな意味があるのか、、、きっとこれは私がこうだからなんだ、、、」

 

というように、現在起こっている事柄対して、自分の過去の行動や今の自分を否定するような形で理由を求めてしまうことがあります。

 

それ、必要ありませんから。

 

大切なのはそこではありません。

引越し先に照明器具がついていなかったら?

先日、ご自身の命と向き合っていたクライアントが闘病生活を終え、セッションを受けに来てくださった時に話していたこと。

その方も、病気がわかった時は、たくさん自分をせめて、色々な意味付けを行っていたそうです。そして、それは必要のないことだった、と仰っていました。

 

その方がオフィスにいらした時に、引っ越し先に照明器具がついていなかったので、購入をして来た所でとても良いものがみつかった、と。

 

その時に以前の私だったら、、、ということで

「あ、、この新しいスタートを切る入居先には照明器具がついていない、、、これは私が輝いていないからだ、、、」

と照明器具がついていないことに対して、自分で勝手に意味付けをしてしまっていた、と。

 

これは本当に不必要な思考。

人が言っているのを聞くと、「そんな風に考える必要ないよ!」と思うものですが、いざ自分のこととなると、僕たちはこういった思考パターンに陥りがちな時期ということがあります。

 

全てのことには意味がある、といえるのは後から振り返った時

前述の通り、すべてのことには意味がある、と僕も思っています。

しかしそれは、今から未来を見て言うことではなく、後から振り返った時に

「あ、あれにはこういった意味があったのか」と気づくものです。

 

照明器具の話で言えば、照明器具が入居先になかったという意味は私が輝いていないからだ、、、と意味付けするのではなく

街を歩いていたら、可愛い、気に入った照明器具に出逢い購入した。
照明器具がついていなかったのは、これに出逢うためだったんだ。

ということ。

 

ちょっとした違い。

でも大きな差。

渦に飲み込まれないために客観的でいられることは大切

何か辛いことがあった時

自分が望んでいなかったことが起こっている時、客観視することはとても大切です。

そうすることで、渦の中に飲み込まれないで済むから。

 

その時に「これにはどういう意味があるのだろうな」と【ちょっと】気にするのは良いことです。

ただ、その「意味付け」に奔走しないこと

 

「きっとこれには意味があるんだな、それはどういうことなのか、後からわかった時何を感じるのだろう。楽しみだな」

というくらいで良い。

 

起こった事柄の意味がわかるのは、後から振り返った時。

いま、その出来事に意味付けをする必要はありません。

大丈夫、行動を起こしてさえいれば物事は動いていくから。

 

辛い時には身をかがめてやり過ごすことも大切ですから

  妻の入院に伴い娘を実家に預かってもらって いるので、少しだけ静かな朝です。 都内を電車でベビーカーを利用して気づいたこと さて、昨日は娘をつれて ベビーカ...

 

 

それではまた

森部高史


noteの有料マガジン[自分軸の人生と仕事の作り方(月刊べぇ)]はこちらから!

初月無料、月1000円です。(注)月額マガジン「自分軸の人生と仕事の作り方(月刊べぇ)」は購読月以降に公開された記事をまとめて読むことが出来ます。先月以前に出された過去記事は単品でご購入頂くことになります。

【無料PDFプレゼント】

個人サロン・治療院における自分軸経営の教科書

8割の専門家が忙しくても苦しい理由をご存知ですか?

お問い合わせ
フルネームでのご記入をお願いいたします
携帯キャリアメールはこちらからのメールがとどかないので、PCメールのご記入をお願いいたします
連絡の取れる電話番号をご記入お願い致します (例:090123456780)