誰かを羨ましいと思う時に心に留めておいてほしいこと

ABOUTこの記事をかいた人

森部高史

自分軸ライフクリエーター。株式会社Pono Life代表取締役。Kukua Body主宰。アメリカ在住時でATCとしてトップレベルアスリートのケアにあたる。数少ないロルフィング®の資格を持ち、クライアントの身体と心のバランスを整え人生に寄り添い、「先生」と呼ばれる治療家やセラピストを指導する立場にもある。その人柄と結果を導くセッションと講座には全国から参加する人が後を絶たない。

こんにちは、森部(@moribeimori)です。

 

誰しも時に「いいなー、あの人はうまくやっていて」と感じることがあると思います。

でも心に留めておいてほしいこと。それはその人も降って湧いてその場所にいるわけではない、ということ。

本人にしかわからない積み重ねてきたであろう時間を尊重できるか

その人がその場所にいるのには、それだけの本人しかわからない時間を過ごしてきたということ。それは苦悩かもしれないし、苦労かもしれないし、やっかみみたいなものに対してやり過ごさなければいけない時間だってあったはず。

全てがうまくいっていることなんて、普通に考えたらないわけなのに、僕たちはどうしてもその人の一面だけを見て、「いいよね、あの人は」と思ってしまうことがある。

その人たちの本当に向き合っていることは何も知ろうともせずに。

誰かを羨ましく思うそんな時は

もし、あなたが「あの人はいいよねぇ、上手にやっていてさ」と思う機会が増えていたり、そんな気持ちを誰かに対して抱いているのであれば、その人のなにが羨ましいと思っているのかを考えてみてください。

そしてなぜ、自分はそれを羨ましいと思っているのか。

そこから、ではその自分が羨ましいと思っているものを手にするには自分は何をしたらいいのか、と具体的に考え、書き出し、行動に移してみてください。

 

羨ましいと思う気持ちは、どこか自分が変わりたいと思っているということ、今の自分には満足できていない、ということ。

その現状を変えられるのは自分だけです。周りの人は手助けすることはできるかもしれないけれど、本人にしかその一歩を踏み出すことはできません。

人生って一度きり。だったら他の人のことをとやかく言ったり思ったりするよりも、自分自身が心から満足する方向に自らの意思で歩みだしてみませんか?

 

それではまた

森部高史


【無料PDFプレセント】

世間的には無名でも自分のペースで仕事しながら楽しく長続きする個人サロン/治療院の秘密



登録はこちらから


自分軸を探求するオンラインサロン『ジブラボ』

多くのトレーナー、インストラクター、セラピスト、鍼灸師、柔道整復師といった身体の専門家、そしてもちろんそれ以外の体のことをお仕事にされていない方も集っています。

ジブラボについてはこちらをクリック