成功の法則はシンプル。あなたがやるべきことをしっかりと行うこと。

ABOUTこの記事をかいた人

森部高史

自分軸ライフクリエーター。株式会社Pono Life代表取締役。Kukua Body主宰。アメリカ在住時でATCとしてトップレベルアスリートのケアにあたる。数少ないロルフィング®の資格を持ち、クライアントの身体と心のバランスを整え人生に寄り添い、「先生」と呼ばれる治療家やセラピストを指導する立場にもある。その人柄と結果を導くセッションと講座には全国から参加する人が後を絶たない。

ぼくは何十年と商売をしている家で育ってきたので小さい頃からたくさんの大人に囲まれて育ちました。ですからそれこそ様々な人といることで、人を見る目が鍛えられていきました。そして、自分自身が大人になってからも仕事の関係で様々な業界、そして人種の異なる人たちとも仕事をしているので、そこでもまた多くの人と関わってきています。

その中で共通していることは、成果をあげる人はあげるべくしてあげていて、そうでないひとはあがるはずがないからあがらない、ということ。

自分の言動に責任を持っていますか?

成果を上げている人とそうでない人の違いはただ、この一点です。自分の言動に責任を持っているか、持っていないか。

成果をあげる人は覚悟を決めている

この人たちは全てが自分の責任だということがわかっています。だからうまくいかなかった時も、言葉だけでなく自分の行動を振り返り、同じミスを繰り返さないように具体的な計画をたて、行動につなげることで次へのステップとしていきます。

2010 10 24 08 Fotor

そして、すぐに実行に移す行動力があります。特に誰かにアドバイスを誰かに求め、それに対する助言があった時には、即実行します。自分のやり方でうまくいかなかったから相談をしているのですから当たり前のことですが、これができない人がなかなか多いです。

いつまでもうだつの上がらない人は自己弁護ばかり

それに対し、いつまでも同じところにいる人は、成功は自分の手柄で失敗は人や環境のせいにします。うまくいかなくなった時に、誰かに助言を求めたら、自分にとって都合の良いところだけを行動にうつします。

だからいつまでたっても同じ段階で壁にぶつかりますが、それはそんなところに壁があるから悪いんだ、というくらいなものの受け取り方です。

それでは何も変わりませんよね。

見つかりませんでした。 | からだはこころのいれものだから
ページが見つかりませんでした アーカイブを表示しています。

伝えられる言葉同じ。受け取れる自分でいるか。

こういった身体と心のバランスを整える仕事をしていますから、多くの方から悩み相談を受けます。その時に僕の根底にあることは、本気で受け答えをするということ。お世辞はいいません。都合の良いことだけはいいません。

僕から見てその人がどう見えるか、そしてどのようにしてみたら良いと思うかはお話しさせていただいています。それをする、しないはその人の自由です。でも本音をぶつけます。その人は理由あって自分を選んでその話をしてくれていると思っているから。

今朝は、名古屋で活動する仲間の横掘さん(ボリさん・ボリリンハウス店主)がFacebookにこんなメッセージをかいてくれました。

一年前の今日、Kukuna Body 店主のべぇさん(森部 高史さん)のメンテナンスセッションを受けました。新しい道を歩む準備段階の私でしたが、そのタイミングで受けたセッションは心身共に深い部分に響く素晴らしい経験でした。今でもその感覚…

Posted by

横堀 正幸

on

2016年2月23日

1対1で伝える言葉は本気の言葉です(複数人相手でもそうなのですが、特に1対1の場合はよりストレート)。本心だから、相手がとても感動してくれていてもそれを言った本人が覚えていないということも多々あります。(ここでボリさんが書いてくださっている言葉はとても覚えています、なんだかとても象徴的な瞬間だったから)。これはぼくが言っているのではなくて、その人自身がぼくに言わせているものだから。

ボリさんは、ボリさんがやるべきことをきちんと言い訳せずに向き合って動き続けているから誰からも愛される今があるのだと思います。名古屋に行かれる際はぜひボリさんにあってみてくださいね。

まとめ

自分のやるべきことをしっかりと。都合良く逃げないこと。自分自身と向き合い、考え、行動につなげ、続けていくこと、かな。自分もまだまだこれから。頑張りますので応援宜しくお願いします。

ではまた

べぇ

それではまた

森部高史


noteの有料マガジン[自分軸の人生と仕事の作り方(月刊べぇ)]はこちらから!

初月無料、月1000円です。(注)月額マガジン「自分軸の人生と仕事の作り方(月刊べぇ)」は購読月以降に公開された記事をまとめて読むことが出来ます。先月以前に出された過去記事は単品でご購入頂くことになります。

【無料PDFプレゼント】

個人サロン・治療院における自分軸経営の教科書

8割の専門家が忙しくても苦しい理由をご存知ですか?

お問い合わせ
フルネームでのご記入をお願いいたします
携帯キャリアメールはこちらからのメールがとどかないので、PCメールのご記入をお願いいたします
連絡の取れる電話番号をご記入お願い致します (例:090123456780)