自由の意味を履き違えていたら変われない、変わらない

ABOUTこの記事をかいた人

森部高史

自分軸ライフクリエーター。株式会社Pono Life代表取締役。Kukua Body主宰。アメリカ在住時でATCとしてトップレベルアスリートのケアにあたる。数少ないロルフィング®の資格を持ち、クライアントの身体と心のバランスを整え人生に寄り添い、「先生」と呼ばれる治療家やセラピストを指導する立場にもある。その人柄と結果を導くセッションと講座には全国から参加する人が後を絶たない。

フリーランス、という言葉について少し掘り下げて考える機会がありました。

フリーランス=freelanceという意味を調べてみました。

(中世に主君を取らず人に雇われて働いた)雇い兵
Webilo英和辞典より

ということは、プロなんです。しかもバッリバリの。

どこかに属するということではなく、自分の力で切り開いていく、ということを当たり前にして、命を懸けているのです。

フリーランスのフリーは「自由」ではない!

ところがFree/フリーと言う言葉がはいっているからか、どこか「自由」とか「好きなことをしていていいよね」という風潮があったり、そう思わせてしまうだけの態度や行動がいわゆる「フリーランス」の人たちの中にはにじみ出てしまっている人も残念ながらいます。

でも、繰り返しますが本来の意味でのフリーランスというのは、自分には他に頼らなくても良いだけの実力があり、専門家としてその力を必要とされるだけの事をやってきている人、です。

僕の周りにはそういった意味で、正しい形で活動しているフリーランスの人もたくさんいます。

 

そこで思うのです、「自由」って意味を履き違えている人って多くないかな、と。

 

「自由」ってどんなイメージですか?

 

多分、「何にも縛られない」「自分の好きなことをしている」とかそんな「軽い」イメージを持つ人も多いと思います。

 

でも違うんです。

 

自由って本当は「一番厳しいもの」なんです。

自由には責任が伴う

なぜなら、そこには(自分で責任の取れる範囲で)という前置きが入るから。

自分で責任を取れるわけでもなければ取るつもりでもない人が「私の自由でしょ!」というのは大きな間違いなのです。

それは自分勝手、といいます。

 

それぞれの過程で、どこかのチームや会社にフリーランス・個人事業主として属すこともあると思います。

その中でいませんか、なんだか行動を起こさない人や文句ばかりを言っている人。

 

だったら、自分一人の力でやりなさい、ということなんです。

「私には私のやり方がある」

そういうなら、それを本当に自分の力でやってごらん、って。

 

嫌だったらその場を離れたら良いのです。そして自分の力で切り開いていけば。

 

この文章を読んで、「そうだよね!」と勇気づけられる人もいれば「は!?何言っちゃってんの!?何もわかってないくせに」「なんかむかつく」という人もいると思います。

 

その段階で自分がどのステージにいるか、ということもよくわかると思います、自分自身で気づけなくても周りの人間は気づいています。

変わるために必要なこと3つ

変わりたいと思うのであれば、覚悟を決めること。

決断をすること。

そして、自由の定義を書き換えること。

 

本当の自分を探す、なんて言って旅に出る人もいますが、本当の自分は外にはいません。

ずっとずっと前から自分の中にいるのです。

それを掘り下げ、向き合っていく作業。

 

その先に、本当の意味での自分らしい自由な自分がいます。

 

僕は身体を整えることで、そんな未来を提供しています。

 

それではまた

森部高史


noteの有料マガジン[自分軸の人生と仕事の作り方(月刊べぇ)]はこちらから!

初月無料、月1000円です。(注)月額マガジン「自分軸の人生と仕事の作り方(月刊べぇ)」は購読月以降に公開された記事をまとめて読むことが出来ます。先月以前に出された過去記事は単品でご購入頂くことになります。

【無料PDFプレゼント】

個人サロン・治療院における自分軸経営の教科書

8割の専門家が忙しくても苦しい理由をご存知ですか?

お問い合わせ
フルネームでのご記入をお願いいたします
携帯キャリアメールはこちらからのメールがとどかないので、PCメールのご記入をお願いいたします
連絡の取れる電話番号をご記入お願い致します (例:090123456780)