子どもたちには笑顔が似合う

ABOUTこの記事をかいた人

森部高史

自分軸ライフクリエーター。株式会社Pono Life代表取締役。Kukua Body主宰。アメリカ在住時でATCとしてトップレベルアスリートのケアにあたる。数少ないロルフィング®の資格を持ち、クライアントの身体と心のバランスを整え人生に寄り添い、「先生」と呼ばれる治療家やセラピストを指導する立場にもある。その人柄と結果を導くセッションと講座には全国から参加する人が後を絶たない。

以前微力ながら協力させていただいた、とある地域の子供達の活動のために行われていたクラウドファンディングから無事に開催出来たご報告と、子どもたちからのお手紙が届きました。

なんかとても嬉しくて、この文章を書いていると心がほどけていくような感覚があり、涙が出てきます。

 

僕自身、そこに直接的な知り合いがいるわけではありませんが、お世話になっている方からの呼びかけでこの活動を知りました。

その流れで本当に微力ながら協力させていただいたもの。

そこから返ってきたものは想像以上に大きく僕の胸に響いています。

 

自分も人の親になってもうすぐ1年。

やっぱり子どもに似合うのは笑顔です。

 

不安なときもあるだろうし、泣きたい時もあると思う。

でもやっぱり最後に笑顔になれるのは、そこに安心感や希望があるから。

そして子供の笑顔には大人を元気にする不思議な力があります。

 

僕は世界に名だたる大富豪というわけではないですから、無尽蔵に寄付をできるというわけではありません。

でも、小さな力がたくさん集まれば何か形にすることができる。

 

そんなことを教えてくれました。

この1回だけでなく、出来ることを少しずつでも継続的に行っていきたいと思っています。

子どもたちに関わる何かを。

 

被災をした地域で、ということだけではなく、今自分がいる場所でも子どもたちがワクワクしてくれるような大人であること。

そんなことを形として残せていけるように。

 

今後の活動の一つの軸にもなっていきそうです。

 

とても心が暖かくなりました。

どうもありがとう。

それではまた

森部高史


【無料PDFプレセント】

世間的には無名でも自分のペースで仕事しながら楽しく長続きする個人サロン/治療院の秘密



登録はこちらから


自分軸を探求するオンラインサロン『ジブラボ』

多くのトレーナー、インストラクター、セラピスト、鍼灸師、柔道整復師といった身体の専門家、そしてもちろんそれ以外の体のことをお仕事にされていない方も集っています。

ジブラボについてはこちらをクリック