自分の当たり前の中に閉じこもる危険性

ABOUTこの記事をかいた人

森部高史

自分軸ライフクリエーター。株式会社Pono Life代表取締役。Kukua Body主宰。アメリカ在住時でATCとしてトップレベルアスリートのケアにあたる。数少ないロルフィング®の資格を持ち、クライアントの身体と心のバランスを整え人生に寄り添い、「先生」と呼ばれる治療家やセラピストを指導する立場にもある。その人柄と結果を導くセッションと講座には全国から参加する人が後を絶たない。

こんにちは、森部です。
先日、子供との移動を楽にするために電動自転車を購入しました。

 

今日は、試し乗りで数キロ走ってみたのですが、そのときに気づいたことがあるのです。

電動自転車から見る世界から見えた共通点、ひとり治療院、ひとりサロンを運営するひとり起業家の危険な点に。

多くの人は自分の世界に入り浸り、まわりが見えていないし、見ようともしていない

 

普段とは異なる行動を取ることで、違う世界が自分の目の前に広がってきます。

電動自転車に子供乗せて走ったことあります?

電動自転車自体の重さが15キロ位。そして子供の重さも15キロほど。子供は大人しく座っていたとしてもちょっとした動作で重心が振られるので、腕にかかる負担もなれるまでは感じます。

 

そんななか、街を走っているとまわりの世界が目に入っていない人が驚くほど多いことを感じます。

・スマホを見ながら視野が極端に狭い状態で歩いている人
・イヤホンで周りの音を遮断している人
・自分が進む方向しかみておらず周りはおかまいなしの人

こういったことが成立してしまうのはいくつかの前提条件があるのですが、そのうちの大きな一つは

「自分はきっと大丈夫」

というもの。

 

「自分の視野が狭くても、自分が車にひかれることはきっとないから大丈夫」
「周りの音が聞こえてなくても、危険なことは自分には起きないから大丈夫」

そして、こういった根拠のない確信めいたものは、単なる悪しき習慣によって培われているだけのこと。

 

これってちょっと怖い。

失うときは一瞬、だけどなぜそれが失われたり、損なわれるようなことになるかという理由がわからない。

「いつもと同じことをしていただけなのに」
「いつもは大丈夫だったから」

そうなってしまうと振り返るきっかけすら、自らの手で埋もれさせてしまっていることになります。

 

実はひとり治療院やひとりサロンを行っている、ひとり起業家のビジネスも一緒のことが言えます

 

身体の専門家として活動する方で、ひとり治療院・ひとりサロンを運営している方は非常に多いです。

そのために気づかないうちにこの「歩きスマホ」や「イヤホンをして周りの音が聞こえないままに歩いている」ことが原因で周りの状況にまったくといっていい程気づけない状態を自ら作り出してしまっている人というのは驚くほど多いのです。

 

ひとり治療院、ひとりサロンを運営し、ひとり起業家として活動するのは大変楽しいものであり、挑戦しがいもありますが、「間違ったやり方」や「してはいけない行動」をとっているといつまでたっても成果がでないばかりか、自分の時間や体力、そしてお金を削ってしまうだけの事にもなりかねません。

 

ひとり起業家として、活動しているからこそ自己流に「なんとなく」染まってしまうのではなく、視野を広めながら正しい努力を重ねていく必要があります。

視野を広め、こんな成果を出すために自分の仕事で正しい努力をしていきたい方はこちらをご覧ください

 

 

それではまた

森部高史


【無料PDFプレセント】

世間的には無名でも自分のペースで仕事しながら楽しく長続きする個人サロン/治療院の秘密



登録はこちらから


自分軸を探求するオンラインサロン『ジブラボ』

多くのトレーナー、インストラクター、セラピスト、鍼灸師、柔道整復師といった身体の専門家、そしてもちろんそれ以外の体のことをお仕事にされていない方も集っています。

ジブラボについてはこちらをクリック