追いかけるほど、遠ざかっていくもの

こんにちは、森部高史(べぇさん)です。

クイズです。

欲しい欲しいと思えば思うほど、遠ざかっていくものってなーんだ?

答えは

お金
時間
パートナー

今日は、香川県のインストラクターの方から頂いた質問

「時間とお金が欲しいから最大限働いているけれど、なかなか思うようにいかない。これからどうしたら良いのか」

ということについてお答えしていきたいと思います。

何を欲しいか明確にしましょう。

え?時間とお金って言っているから明確じゃないの?

そう思っている間はこのサイクルから抜けられません。

もう少し細かく分類していく必要があります。

  • 時間は何をする時間が欲しいのでしょうか。
  • 今の仕事をより精度高く行うためのもの?
  • 手付かずになっている仕事を片付けるためのもの?
  • これからの仕事を作り出していくためのクリエイティブな作業をするためのもの?
  • それともプライベートを充実させるためのもの?
  • プライベートでの時間というのは誰とすごすためのもの?
  • 家族?友人?それとも一人だけの時間?

お金に対しても同様です。

そもそもいくら欲しいと思っているのか。

  • それは、自分のためのものなのか
  • 自分の仕事を拡大、または充実させるためのものなのか
  • 自分への投資のためなのか。
  • 誰かのために使いたいものなのか。

これらって、同じように見えて実は異なるもの。

とはいえ、いきなり細かく考えていくと結果的に何も進まないということがあります。

現状を把握しましょう

自分は1日のうちに「自由に使える時間」を何時間もちたいのか(睡眠時間を確保した上で)、そして、いくら収入としてほしいのか

それを明確にすること。

そして、そのためには現状をしっかりと把握しておくこと。

本当に無駄な時間はないのだろうか
仕事を作業としておこなっていないだろうか
収入は我慢の対価と思って仕事をしていないだろうか

今の現状に不満や不安を感じているのであれば、今を変えなければ何も変化は生まれません。

でも今を動かしていくということは未知のものに向かうから怖さもあるもの。

だからこそ、自分がどこへ向いたいのか、をはっきりとさせることが必要になります。

お金や時間というものはとても身近なもので、必要に迫られることも多いものですが、そういったものを全て取っ払った時、あなたはどんな人生を歩んでいたいのか。

その未来に近づいていくために、今何をしている必要があるのか。

目先のお金と時間だけにとらわれず、大きな地図を描きながら現状と見比べてみてください。

自分ひとりで考えて、迷ってしまった時は自分が理想としているライフスタイルや生き方をしている方とお話をしてみてください。

思い描いているだけではなく、具体的な行動をなにかしら、小さな一歩でも良いから出しつづけてくださいね。

それではまた

森部高史


noteの有料マガジン[自分軸の人生と仕事の作り方(月刊べぇ)]はこちらから!

初月無料、月1000円です。(注)月額マガジン「自分軸の人生と仕事の作り方(月刊べぇ)」は購読月以降に公開された記事をまとめて読むことが出来ます。先月以前に出された過去記事は単品でご購入頂くことになります。

無料PDFプレゼント

【無料PDFプレセント】クライアントから必要とされ売れる専門家への第一歩
個人事業主として損をしないために抑えておくべき11のこと

「売れたい」そう思うのであれば、避けておくべきことがあります。それは自分の持つリソースの無駄遣い。あなたはここに書いてある11個を「知っている」だけでなく、当たり前のこととして行うことが出来ていますか?

The following two tabs change content below.
森部高史
自分軸ライフクリエーター。株式会社Pono Life代表取締役。Kukua Body主宰。アメリカ在住時でATCとしてトップレベルアスリートのケアにあたる。数少ないロルフィング®の資格を持ち、クライアントの身体と心のバランスを整え人生に寄り添い、「先生」と呼ばれる治療家やセラピストを指導する立場にもある。その人柄と結果を導くセッションと講座には全国から参加する人が後を絶たない。

ABOUTこの記事をかいた人

森部高史

自分軸ライフクリエーター。株式会社Pono Life代表取締役。Kukua Body主宰。アメリカ在住時でATCとしてトップレベルアスリートのケアにあたる。数少ないロルフィング®の資格を持ち、クライアントの身体と心のバランスを整え人生に寄り添い、「先生」と呼ばれる治療家やセラピストを指導する立場にもある。その人柄と結果を導くセッションと講座には全国から参加する人が後を絶たない。