それでは価値は伝わらない

ABOUTこの記事をかいた人

森部高史

自分軸ライフクリエーター。株式会社Pono Life代表取締役。Kukua Body主宰。アメリカ在住時でATCとしてトップレベルアスリートのケアにあたる。数少ないロルフィング®の資格を持ち、クライアントの身体と心のバランスを整え人生に寄り添い、「先生」と呼ばれる治療家やセラピストを指導する立場にもある。その人柄と結果を導くセッションと講座には全国から参加する人が後を絶たない。

「君には感謝しているよ。
僕が長年抱えていた悩みを
解決してくれたのだから。

でもこの価格では、
君がやっていることの
本当の価値は伝わらない。
もっとそのことを考えなさい。」

ある時、クライアントとして
お越しいただいている
会社経営者の方から言われた言葉です。

その方は20年来の腰痛持ち。

ぎっくり腰に常に悩まされ、
ゴッドハンドと言われる
様々な方の所にとにかく通ったそうです。

しかし改善することはなく、
諦めていた所、たまたま知人の
ご紹介から僕の所に来てくださいました。

すると3回目くらいから
痛みがなくなり、10シリーズを
終えた頃には全くぎっくり腰の
心配がなくなったという経緯があります。

(*10シリーズとは私がKukuna Bodyで
提供しているロルフィング®で行う
10回のセッションを通して
身体を本来のバランスに整えていく、
というもの。)

その後も、身体の調子が良いほうが
良いパフォーマンスが出せる、
大切な仕事に専念できる、
ということから本当にお忙しいスケジュールの
合間を縫って、率先して翌月の予約を確認し、
定期的にメンテナンスに起こしいただいています。

あれだけ悩まされていたぎっくり腰は
お越しいただいていからは一度もありません。

そんな社長から言われた冒頭の言葉。

最初は意味がわかりませんでした。

しばらく意味がわかりませんでした。

「価値が伝わらない、、、?
それは受けてくださった方が
良い評判を言ってくださって、
評価してくださっているのだから
その価値は伝わっていて、
それが徐々に広がっていくのではないか、、、」

そう思っていました。

「価値」の意味

自分も会社経営者となった
今ならわかります。

自分が大きく間違えていました。

浅はかでした。

ちなみにその「価値が伝わらない」と
言われた時の1セッションの値段は
15000円でした。

決して安い値段ではありませんよね。

15000円あったらうまい棒が
1500本買えちゃいます。
(コーンポタージュ味派)

1000円のランチが15回も食べられます。

でもなぜ、その経営者の方はわざわざ
「価値」のお話をしてくださったのか。

ポイントはその方は
何年にも渡る腰痛持ちであったこと。

そして様々な場所を巡っていたにも
かかわらず改善されることがなかった。

しかし、僕からセッションを受けていたら、
その問題が問題ではなくなり、
本来行いたいことができるようになったこと。

100円ショップのものはなぜ100円で売ることが出来るのか。

もちろんそこには企業努力はあります。

しかしそれは大量にさばける先を
持っているからに他なりません。

しかし、個人商店が同じようにしたら
そのお店は存続することが出来るでしょうか。

これは考える間でもありませんよね。

個人事業主・一人親方でやっている業態で
あればあるほど、この点はしっかりと
向き合って考えなくてはいけません。

もしかして、単価を相場で決めていませんか?

だとすると、それは黄色信号です。
かなり危険な状態でもあります。

個人事業主には個人事業主のやり方があります。
個人事業主だからこそ届けられる物があるはずです。

そのあたりのことはこちらでより詳しくお話しています。
特別オファーは7月31日まで。

詳細はこちら

それではまた

森部高史


noteの有料マガジン[自分軸の人生と仕事の作り方(月刊べぇ)]はこちらから!

初月無料、月1000円です。(注)月額マガジン「自分軸の人生と仕事の作り方(月刊べぇ)」は購読月以降に公開された記事をまとめて読むことが出来ます。先月以前に出された過去記事は単品でご購入頂くことになります。

【無料PDFプレゼント】

個人サロン・治療院における自分軸経営の教科書

8割の専門家が忙しくても苦しい理由をご存知ですか?

お問い合わせ
フルネームでのご記入をお願いいたします
携帯キャリアメールはこちらからのメールがとどかないので、PCメールのご記入をお願いいたします
連絡の取れる電話番号をご記入お願い致します (例:090123456780)