不安の正体と一番大きな成果

ABOUTこの記事をかいた人

森部高史

自分軸ライフクリエーター。株式会社Pono Life代表取締役。Kukua Body主宰。アメリカ在住時でATCとしてトップレベルアスリートのケアにあたる。数少ないロルフィング®の資格を持ち、クライアントの身体と心のバランスを整え人生に寄り添い、「先生」と呼ばれる治療家やセラピストを指導する立場にもある。その人柄と結果を導くセッションと講座には全国から参加する人が後を絶たない。

個人事業主として活動する中でもっとも邪魔になるものは何か。

それは「不安」です。

不安があると足が止まります。

そして不安は恐怖へと変わります。

足が止まっている時間は事業主にとって無駄な時間でしかありません。そこでは何も生み出せないのだから。

不安を解消する唯一の方法

なぜ不安になるか、というと先行きが見えないから。つまり「知らないから」に他なりません。

それならば、知る努力をすれば良いのです。

 

今回、参加者の方から多かった声は

「いつの間にか不安感におそわれることがなくなった」と言う声。

それは必ずしも売上が大きく上がったから、ということではありません。

売上があがっても、自分が感じてる不安の答えに対して向き合えない人はどんなに売上をあげても不安しかありません。

人生のコントロール実感をもつこと

なぜ、参加者の皆さんから「不安感に襲われることがなくなった」という声が聴こえるかというと、参加者の皆さんはこのぽのビジの3ヶ月において、小さな決断を積み重ねる、と言うプロセスを経ていたから。

だから、「自分で物事を決めている」というコントロール実感が生まれます。

全てが思い通りにいく、というわけではありません。だけど、その中で起こった出来事に対してのリアクションが変わってくる。

だから、こんなにいい顔になる。

誰かに言われてやらされているのではなく、「自分で決める」、それは自分の人生だから。

とても良いメンバーに恵まれました。これからのみなさんが楽しみであると同時に、少しさみしくも感じます。

余韻に浸る間もなく、今週末は東京でプレセミナー、来月は再び京都で別の期がはじまり、4月からは東京で新しい期が始まります。

【ぽのビジ】自分軸の仕事と人生の作り方:必要とされる個人事業主であるために

僕ももっともっと、成長し参加者の皆さんとチャレンジしていきたいと思います。

最終回を終えての僕の感想はこちら

この期にご参加くださったみなさま、ありがとうございました!

ご参加くださった皆さんからのこの3ヶ月を振り返った様子はこちら

 

それではまた

森部高史


noteの有料マガジン[自分軸の人生と仕事の作り方(月刊べぇ)]はこちらから!

初月無料、月1000円です。(注)月額マガジン「自分軸の人生と仕事の作り方(月刊べぇ)」は購読月以降に公開された記事をまとめて読むことが出来ます。先月以前に出された過去記事は単品でご購入頂くことになります。

【無料PDFプレゼント】

個人サロン・治療院における自分軸経営の教科書

8割の専門家が忙しくても苦しい理由をご存知ですか?

お問い合わせ
フルネームでのご記入をお願いいたします
携帯キャリアメールはこちらからのメールがとどかないので、PCメールのご記入をお願いいたします
連絡の取れる電話番号をご記入お願い致します (例:090123456780)