点の知識を線として繋げ、面にするために大切なこと

こんにちは、森部高史(べぇさん)です。

先日、アドバイザーの一人を務めさせていただいているKinetikosのポッドキャストのためのインタビューでもお話をし、昨日は福岡でパーソナルトレーナーとして活動するHearts Bridge代表の吉岡くんと話をする中で感じていたこと。

Kinetikos
世界最高レベルの指導者の皆さんがKinetikos に参加してくださっています。プレビュービデオをご覧くださいね!無料アカウントに登録していただければ、いますぐ5つまで...

点を線に、線を面にしていくということ。

点在する情報と知識

今の時代は簡単に様々な情報が手に入る時代ですから、知識をいれるにはことかかない時代です。ちょっとネットで調べればいくらでもわかることはあるし、海外から経験豊富な講師陣が来日して直接学ぶことも簡単にできるようになりました。

しかしながら、あまりにも多くの魅力的な講座が開かれることによりあれも、これも、と手を出し、結局何も身についていないという状況も散見します。そしてそれで一番苦しいのは当の本人なんですよよね。

 

学ぶ機会というものは素晴らしく尊いものです。それ自体は問題ないのですが、何を学ぶかの前に、なぜ学ぶのか、そしてなぜ今のタイミングなのか、ということが考えられていればあまり大きな問題にはならないのですが、時にその部分がとんでとりあえずすぐに参加しないと!と飛びつくあまりにそうなっている人が多いように思います。

点を線にするには何が必要か

点を線にしていくには、考えるというプロセスが必要です。何がどのように点在しているかは、その人しか知りません。まわりからはわからないのです。だから今あるものをしっかりと見つめなおす。何かを学びに行っているということは、その人のベースになるものがすでにあるはずです(ヨガ・ピラティス・パーソナルトレーニング、僕であればロルフィング®、というように)。

今まで参加してきた講座がどのように自分の幹となる活動に生かすことができるのか、そしてお客様に還元することができるのか、自分の報酬に還元することができるのか、さらには自分の人生を豊かにすることができるのか。

 

そういったことを考えることが、点を線にしてくのだと思います。これには時間がかかります。考えることをしたことがない人は誰かのサポートが必要になるかもしれません。どのようなサポートをうけるにしろ、大切なのは自分自身で考えるということであることにはかわりありません。

僕もいつか、こういったものをコンサルすることができたら、なんておもっています。

線を面にする

線を面にしていく。これには仲間が必要です。同じ方向性をみていたり、コンセプトを尊重してくれる仲間とつながっていくこと。そのためには、自分の意見を発しながら外に出ていくということが必要になってきます。

家の中にいるだけではその思いは伝わりませんから。SNSが発達することによって簡単にコンタクトは取れるようになりましたが、やはり大切なのはリアルに会う、そして思いを、場を共有することだと思います。

まとめ

まずはインプットをすること。そしてそれで行き詰まりを感じた時にはアウトプットするための準備として自分で線にしていく作業が必要になっている時です。それがあれば、自分の意見を発し、仲間に伝えていくということができるから。

吉岡くんとの付き合いももう数年になりますが、とてもしっかりと自分で考え行動に繋げている彼だから、会いたいなと思うのです。

Kinetikosのポッドキャストインタビューは1時間ほどになったのですが、あっという間でした。近々、Kinetikosサイトで最初の数十分は無料会員の方も聞けるようになり、最後の方は有料会員の方のみ聴いていただけるそうです。

ぜひお聞きください。

それではまた

森部高史


noteの有料マガジン[自分軸の人生と仕事の作り方(月刊べぇ)]はこちらから!

初月無料、月1000円です。(注)月額マガジン「自分軸の人生と仕事の作り方(月刊べぇ)」は購読月以降に公開された記事をまとめて読むことが出来ます。先月以前に出された過去記事は単品でご購入頂くことになります。

無料PDFプレゼント

【無料PDFプレセント】クライアントから必要とされ売れる専門家への第一歩
個人事業主として損をしないために抑えておくべき11のこと

「売れたい」そう思うのであれば、避けておくべきことがあります。それは自分の持つリソースの無駄遣い。あなたはここに書いてある11個を「知っている」だけでなく、当たり前のこととして行うことが出来ていますか?

The following two tabs change content below.
森部高史
自分軸ライフクリエーター。株式会社Pono Life代表取締役。Kukua Body主宰。アメリカ在住時でATCとしてトップレベルアスリートのケアにあたる。数少ないロルフィング®の資格を持ち、クライアントの身体と心のバランスを整え人生に寄り添い、「先生」と呼ばれる治療家やセラピストを指導する立場にもある。その人柄と結果を導くセッションと講座には全国から参加する人が後を絶たない。

ABOUTこの記事をかいた人

森部高史

自分軸ライフクリエーター。株式会社Pono Life代表取締役。Kukua Body主宰。アメリカ在住時でATCとしてトップレベルアスリートのケアにあたる。数少ないロルフィング®の資格を持ち、クライアントの身体と心のバランスを整え人生に寄り添い、「先生」と呼ばれる治療家やセラピストを指導する立場にもある。その人柄と結果を導くセッションと講座には全国から参加する人が後を絶たない。