人と比べない、自分は自分の道がある。

ABOUTこの記事をかいた人

森部高史

自分軸ライフクリエーター。株式会社Pono Life代表取締役。Kukua Body主宰。アメリカ在住時でATCとしてトップレベルアスリートのケアにあたる。数少ないロルフィング®の資格を持ち、クライアントの身体と心のバランスを整え人生に寄り添い、「先生」と呼ばれる治療家やセラピストを指導する立場にもある。その人柄と結果を導くセッションと講座には全国から参加する人が後を絶たない。

僕たちはどうしても人と比較してしまう癖がある。

どうやったら、あんな風になれるのだろう。
あの人みたいにどうしてできないのだろう。

こんなことをしたらなんて思われるだろうか。

 

そんな風にして自分を殻に閉じ込めていく。

そして苦しくなっていく。

 

でも本当はそんなことしたくないこともわかってる。
でもどうしたらいいのかよくわからないサイクルに入ってしまうこと、あると思います。

諦めることの大切さ

そこから抜け出すひとつのきっかけは「諦める」こと。

 

諦める、という言葉にはどこか投げやりな印象を受けてしまったり、諦めるなんていけない、という意識にとらわれてしまうかもしれない。

 

でも大切なことは決めること。

自分が生きていく場所を。
自分が勝負する場所を。

 

決断するとは、「決めて断つ」こと。

断つものは自分の弱さではなく、自分が集中して行うべき「ここ1点」以外のもの。

 

それは自分の強みを活かしていくということでもあります。

 

諦める、自分らしく生きていくために。

自分のことをよく知る、諦めるために。

諦めるって、思っているより大変なこと。

自分をよく知らないと出来ることではないから。

 

自分らしさを取り戻すために、諦めてみませんか?

 

こちらは続編「逃げる自由」

それではまた

森部高史


【無料PDFプレセント】

世間的には無名でも自分のペースで仕事しながら楽しく長続きする個人サロン/治療院の秘密



登録はこちらから


自分軸を探求するオンラインサロン『ジブラボ』

多くのトレーナー、インストラクター、セラピスト、鍼灸師、柔道整復師といった身体の専門家、そしてもちろんそれ以外の体のことをお仕事にされていない方も集っています。

ジブラボについてはこちらをクリック