子どもたちの笑顔とこれからの形:熊本チャリティーイベントを経て

ABOUTこの記事をかいた人

森部高史

自分軸ライフクリエーター。株式会社Pono Life代表取締役。Kukua Body主宰。アメリカ在住時でATCとしてトップレベルアスリートのケアにあたる。数少ないロルフィング®の資格を持ち、クライアントの身体と心のバランスを整え人生に寄り添い、「先生」と呼ばれる治療家やセラピストを指導する立場にもある。その人柄と結果を導くセッションと講座には全国から参加する人が後を絶たない。

東京での仕事を納め、熊本に向かいました。

4月に熊本で起こった地震。

それから熊本出身である妻が常に念頭において行動をおこしてきていたこのイベント。

多くの皆さんからのご支援も頂き、形にすることができました。

 

同じ熊本からは、現役時代はアメリカやドイツに渡りトレーニングをし、現在はダッシュ教室を菊池で開催しているタケさんのダッシュ教室。

_dsc2156

東京からは、港区、芝公園にあるActfitで活動される反町さんが行うドラウタビリティー。

_dsc2422そして、熊本の地元で少年野球の監督をしている合志さんのベースランニングを考える。_dsc2903

子どもたち、とっても笑顔が輝いていました。

_dsc2780

子どもたちが笑っていられる場所や時間をつくっていくこと、もっと大切にしたい。

 

そして翌日は、先の地震で被害をうけた熊本城へ。

多くの場所が立ち入り禁止区域になっていて、中にははいれず外から眺めるだけ。

_dsc2964一本石垣で奇跡的に支えられています。

_dsc2961

_dsc2970根こそぎ

ガイドさんの話では天守閣の復元までに2−3年。

石垣を復元するには20−30年かかるそうです。

一度壊れたもの、壊したものは二度とそのままのものには戻らない。

だからこそ今あるものを大切にすると同時に、復元していくことで生まれていく力を大切にしていく。

その先にあるものを見つめていく。

_dsc2311

子どもたちの、地域の未来の為に。

 

 

 

それではまた

森部高史


noteの有料マガジン[自分軸の人生と仕事の作り方(月刊べぇ)]はこちらから!

初月無料、月1000円です。(注)月額マガジン「自分軸の人生と仕事の作り方(月刊べぇ)」は購読月以降に公開された記事をまとめて読むことが出来ます。先月以前に出された過去記事は単品でご購入頂くことになります。

【無料PDFプレゼント】

個人サロン・治療院における自分軸経営の教科書

8割の専門家が忙しくても苦しい理由をご存知ですか?

お問い合わせ
フルネームでのご記入をお願いいたします
携帯キャリアメールはこちらからのメールがとどかないので、PCメールのご記入をお願いいたします
連絡の取れる電話番号をご記入お願い致します (例:090123456780)