動画『第二の患者として』:乳がんから私と家族を守るセミナーから

ABOUTこの記事をかいた人

森部高史

自分軸ライフクリエーター。株式会社Pono Life代表取締役。Kukua Body主宰。アメリカ在住時でATCとしてトップレベルアスリートのケアにあたる。数少ないロルフィング®の資格を持ち、クライアントの身体と心のバランスを整え人生に寄り添い、「先生」と呼ばれる治療家やセラピストを指導する立場にもある。その人柄と結果を導くセッションと講座には全国から参加する人が後を絶たない。

(動画はこのページの最後に)

今日は『乳がんから私と家族を守るセミナー』を行いました。

前回は6月に行い、今回は2度めの開催となります。講師は前回と同様に高溝さんに、乳がんについて知っておいてほしいこと、知っておくべきことをお話していただきました。

 

前回、開催した時に「もっと男性にこの場にいて欲しい」という僕の想いがあり、今回は男性の参加者および、ご夫婦で起こしくださった方々もいらしてとても嬉しかったです。

セミナーの詳細については、また妻の美香よりブログが上がると思いますので、僕は『第二の患者』としてお話させていただいた部分の動画をこちらにアップします。

追記:9月10日 アップされました!

私を泣かせたのは〜〜〜!!!    このみなさん    なかなか順調に喋り始め…

 

家族は『第二の患者』と言われます。患者自身と同等、もしくはそれ以上に生活に変化が生まれるからです。

この動画の中でもお話しているのですが、当事者になると話が素直に聞けません。だから当事者になる前に、リアルな話を届けたかったから。

 

今、妻の美香は術前化学療法(抗がん剤)の真っ最中で約1ヶ月後には手術を行います。その術式によってその後の治療が決まりますが、それを終えれば「経験者」としての話になってしまいます。

よって、手術という大きな山を越える前の、家族という「第二の患者」としての今の僕が話を出来るのも今日が最後。

 

どうしても人間は過ぎてしまうことは忘れてしまいます。だからいま、このタイミングだからお話しておきたかったこと。

このお話は、僕一人の、個人の体験談でしかありません。だからこれが全てというわけではありません。

おわってからもっと伝えたかったこと、上手く言えなかったこと、もっと違う形で伝えたかったことなどが溢れてきて、上手にまとまっているとは言えないかもしれません。

 

でも、いつかこれを見てくださった方自身が患者に、または「第二の患者」となる時がきてしまった時に、少しでも役にたつことがあればと思いこの動画を公開しています。

50分程の動画になりますが、お時間ある時にご覧いただければ、と思います。

 

『第二の患者として』 from 森部高史 on Vimeo.

動画のアドレスはこちら
【https://vimeo.com/233104554】

『妻がガンになりまして』その他の記事はこちら

それではまた

森部高史


noteの有料マガジン[自分軸の人生と仕事の作り方(月刊べぇ)]はこちらから!

初月無料、月1000円です。(注)月額マガジン「自分軸の人生と仕事の作り方(月刊べぇ)」は購読月以降に公開された記事をまとめて読むことが出来ます。先月以前に出された過去記事は単品でご購入頂くことになります。

【無料PDFプレゼント】

個人サロン・治療院における自分軸経営の教科書

8割の専門家が忙しくても苦しい理由をご存知ですか?

お問い合わせ
フルネームでのご記入をお願いいたします
携帯キャリアメールはこちらからのメールがとどかないので、PCメールのご記入をお願いいたします
連絡の取れる電話番号をご記入お願い致します (例:090123456780)