妻がガンになりまして:その1「乳がん発覚、それぞれの立場から伝えたいことを綴っていきます」

ABOUTこの記事をかいた人

森部高史

自分軸ライフクリエーター。株式会社Pono Life代表取締役。Kukua Body主宰。アメリカ在住時でATCとしてトップレベルアスリートのケアにあたる。数少ないロルフィング®の資格を持ち、クライアントの身体と心のバランスを整え人生に寄り添い、「先生」と呼ばれる治療家やセラピストを指導する立場にもある。その人柄と結果を導くセッションと講座には全国から参加する人が後を絶たない。

Facebookのページには記載したのですが、妻の乳がんに関し、多くのご心配と励ましを頂きありがとうございます。

妻と話をしている中で、身体と心の繋がりを大切に伝える仕事をしている我々だからこの経験も何らかの形で残し、伝えていくことが誰かの力になれるのではないか、ということで僕達夫婦が、お互いのペースで書きたい時にかけることを書き残していこうと思います。

病気と向き合う妻が一番きついわけですが、その時一番側にいる夫の立場で感じたことや伝えたいことがあるので、これが誰かの役にたったり力になることがあれば嬉しく思います。

彼女のブログはこちら

「身体にあってはいけないものでした」 3月17日、乳がんが私のおっぱいにあることを告げられました。 3月2日に胃腸炎で寝込んでいた時、ふと気になった右胸の…

以下はFacebookに投稿した文章です。
今後、思ったことや伝えたいことを言葉にしていきます。


妻が乳ガンと共に生活していることが先月わかりまして。

そのことを公表した昨日のブログに多くの方からのあたたかいコメント、応援に夫婦共々感謝しています、本当にありがとうございます。

 

その間私の方での返信が滞ってしまったり、お仕事のご依頼をお断りさせていただくこともありましたがご理解いただければと思います。また、明確な理由はお伝えしておらずともスケジュールの変更などにも快く応じてくださった皆様、ありがとうございます。

先にお伝えしておくと、早い段階での発見でしたので、抗がん剤と手術の併用で完治の見込みが高く、そこを目標にドクターも家族も時間を過ごしています。

 

でも、響きが悪いですよね、「ガン」って。もっとなんていうか

「ぷるっぽん」

みたいな間抜けな音だったらこんなにショック受けないかもしれないのに、なんて話をしたら妻も笑って

「いいね、それ」と言ってくれています。

 

「あたし、ぷるっぽんでさ」みたいな。

 

今の時代、ガン=死ではありません。僕の家族にもガンと共存している者がいますが、それなりに大変な時もあるけど元気にしています。

 

それでも今回のことで不安もないわけではないし、こんなに泣けるんだ、ってくらい涙もでました。だからもう涙はでないかな。ただ代われるものなら代わりたい。

でもそれは出来ないから、いつもお伝えしている「じゃあどうする」思考と行動を積み重ねていくしか僕にはありません。

 

本当に皆さんからのご連絡、妻にだけでなく僕にもくださり、力づけられています。

妻もブログ内で書いていますが、Kukuna Bodyという場を通じて出逢えた皆様からの応援、本当に心強いです。
このために自分はKukunaという場をつくっていたのかな、なんて思うところもあります。

乳ガンと共同生活をしていることを告げられたのは、弊社Pono Life 設立の1週間前。

Ponoとはハワイ語で【本来あるべき姿】【繁栄する】【健全な】などという意味を持ちます。

 

そんな人生を歩んでいく、と僕たちが決意したから生まれた社名。

それも彼女の支えにもなってくれていますし、僕たちの生き方を通して皆さんが皆さんのPono Lifeを見つけていってくれることが何よりの力になります。

 

Kukunaがこれだけの力を下さる皆さんと出逢うきっかけをくれたように、これからのPono Lifeを通じて僕も彼女に、そして皆さんに力を与えられたらと思います。

なかなか会えない距離にいる人もいるけど、いつもそばにいます。

あ、僕は元気なのでお仕事のご依頼など、お待ちしておりますよ!

 

本当にありがとうございます。

一年後は快氣祝いのパーティー、予定しておいてくださいね。

4/7/2017追記:その2

*妻に乳がんがあることがわかり、そこで体と心を繋げる専門家として仕事をしていること、そして夫としての立場から乳がんについて思うこと、知っていてほしいことを書...

カテゴリー:【妻がガンになりまして】こちらから全話ご覧いただけます

それではまた

森部高史


noteの有料マガジン[自分軸の人生と仕事の作り方(月刊べぇ)]はこちらから!

初月無料、月1000円です。(注)月額マガジン「自分軸の人生と仕事の作り方(月刊べぇ)」は購読月以降に公開された記事をまとめて読むことが出来ます。先月以前に出された過去記事は単品でご購入頂くことになります。

【無料PDFプレゼント】

個人サロン・治療院における自分軸経営の教科書

8割の専門家が忙しくても苦しい理由をご存知ですか?

お問い合わせ
フルネームでのご記入をお願いいたします
携帯キャリアメールはこちらからのメールがとどかないので、PCメールのご記入をお願いいたします
連絡の取れる電話番号をご記入お願い致します (例:090123456780)