個人事業主におすすめの本:「いちばん大切なのに誰も教えてくれない段取りの教科書」

ABOUTこの記事をかいた人

森部高史

自分軸ライフクリエーター。株式会社Pono Life代表取締役。Kukua Body主宰。アメリカ在住時でATCとしてトップレベルアスリートのケアにあたる。数少ないロルフィング®の資格を持ち、クライアントの身体と心のバランスを整え人生に寄り添い、「先生」と呼ばれる治療家やセラピストを指導する立場にもある。その人柄と結果を導くセッションと講座には全国から参加する人が後を絶たない。

 

くまモンや芽乃舎などのプロジェクトを手がけてきたことでも有名なgood design company代表の水野学さんの最新書籍。

個人事業を営んでいる方にとてもおすすめです!

その名も。。。

「いちばん大切なのに誰も教えてくれない段取りの教科書」

 

水野さんの著書である『センスは知識からはじまる』も大変おすすめなのですが、こちらの最新刊はより一層、「仕事をクオリティ高く『当たり前に』実行する」ために必要なことが書かれています。

 

仕事が思うようにスムーズにいかない理由

 

仕事がスムーズに行かないとき、それは端的に言えば準備不足なんですよね。

 

どういったことが起こりうるか、という想定ができていない。

だから、その問題が起きた時になってはじめて慌てる。

 

これは著書の中にもありますが、「想像力不足」であり、「リサーチ不足」。

 

すべての仕事はルーティーンにすることが可能

 

ルーティーン(習慣化)することの重要性についても述べられています。

それぞれの仕事における作業はクライアントによって異なるように思われますが、仕事で必要とされる本質的なところはすべて一緒であり、その作業をパターン化しておくことがスピードをあげることにつながるから。

 

ルーティーン化することのメリットは

  • 何をやるかが決まっているのでいちいち立ち止まる必要がない(迷わない)
  • 仕事のもれがなくなる

 

ルーティーンにすることが目的ではなくてその先にある、クライアントに取ってのベネフィットを見失わないことで、ルーティーン化したことがさらに生きてきます。

 

受け入れられる仕事は案外シンプルで泥臭い

 

good design company、そして水野学さんと聞けば「大きな仕事をする人」というイメージがあるかもしれません。

 

確かに、日本を代表するキャラクターをつくったり、世界に発信していく企業のお手伝いをされているので、確かに大きな仕事ではあるのですが、そういった仕事の屋台骨をささえているのは、この本で書かれているようなシンプルなことを、しっかりと行っていくこと。

それが出来ない人が大きな仕事など出来るわけないのですよね。

 

仕事とは信頼。

 

その信頼を積み上げるためにどういったことを一人の事業家として、そしてクリエーターとして行うことが出来るか。

 

これは何もデザインの世界に限ったことではないですよね。

 

ということでおすすめです!

前作のこちらもおすすめ!

それではまた

森部高史


noteの有料マガジン[自分軸の人生と仕事の作り方(月刊べぇ)]はこちらから!

初月無料、月1000円です。(注)月額マガジン「自分軸の人生と仕事の作り方(月刊べぇ)」は購読月以降に公開された記事をまとめて読むことが出来ます。先月以前に出された過去記事は単品でご購入頂くことになります。

【無料PDFプレゼント】

個人サロン・治療院における自分軸経営の教科書

8割の専門家が忙しくても苦しい理由をご存知ですか?

お問い合わせ
フルネームでのご記入をお願いいたします
携帯キャリアメールはこちらからのメールがとどかないので、PCメールのご記入をお願いいたします
連絡の取れる電話番号をご記入お願い致します (例:090123456780)