お金を扱う能力の育て方

ABOUTこの記事をかいた人

森部高史

自分軸ライフクリエーター。株式会社Pono Life代表取締役。Kukua Body主宰。アメリカ在住時でATCとしてトップレベルアスリートのケアにあたる。数少ないロルフィング®の資格を持ち、クライアントの身体と心のバランスを整え人生に寄り添い、「先生」と呼ばれる治療家やセラピストを指導する立場にもある。その人柄と結果を導くセッションと講座には全国から参加する人が後を絶たない。

個人事業主として活動している上でとても大切になるのがお金との付き合い方です。

集客や売上ということを気にしている人が多いです。

 

もちろんそう言ったことも大切なのですが、そもそも集客・売上というもので成果が出せない人は、お金との向き合い方に問題がある場合が多いです。

先日、自分軸の人生と仕事の作り方を教える個人事業主のための講座「ぽのビジ」においてもこのような質問がありました。

 

どうやったら、お客様に価値を伝えてその対価を喜んで頂くことができるのでしょうか?

 

答えは簡単です

 

自分自身がお金をしっかりと使うということ。

 

無駄遣いをしろと言っているわけではありません。

大切なことは自分自身が消費者の視点に立つということです。

お金を扱う能力は経験でのみ、あげられる

お金を扱う能力というのは経験でしか積み重ねられません。

自分自身が5000円しか支払ったことのない人に、1万円のサービスを売ることはできないのです。

しかもその5000円をしぶしぶ出しているようなことがあれば、あなた自身のサービスにどうして1万円もの値段をつけ、自信をもって販売することができるのでしょうか?

仮に1万円を支払ったとしてもそれ以上の効果や成果があったという実体験があれば金額が全ての価値ではなく、それ以上のリターンを得ることができるものをサービスとして受け取るという体験が得られます。

安売りしか出来ない人の特徴

単価の設定や値上げができないという人たちに共通することは、 こういったお金の使い方をしてないことが挙げられます。

贅沢をしろと言っているわけではありません、 無駄遣いをしろと言っているわけでもありません。

 

個人事業主として活動するということは、自分自身の能力やサービスを販売するということでもあります。

他でもない、あなた自身があなたの販売するサービスに対して100%の自信を持っていないのであればそれは確実にお客様に伝わります。

あなた自身がこの値段は高いなと思っていたのであれば、それが売れるはずはありません

あなた自身が「これだけの価値を提供している中でこの値段設定というのは安い」と思うくらいであれば、100%お客様にも

 

「これだけのものを受けられてこの値段というのは安い!」

 

と感じてもらえます。

単価設定に悩む理由

単純に値段を下げれば良いという話ではありません。
単純に単価をあげれば良いという話でもありません。

設定した金額以上の価値を提供できているかどうかということです。

単価設定に悩む人が多いのは、ここの「与えられる価値」に対しての値付けをしていないからです。

お金、使っていますか?

その価値を感じるためには、 まず自分自身が他の人のサービスを購入することで実感する必要があります。

金額以上の価値というものが世の中のサービスの中には存在するのだということ。

 

売上や集客ばかりに頭が悩まされている人は自分自身がどのようなお金の使い方をしているのか、一度確認をしてみてください。

 

あなたがお金をどのように扱っているかによって、お金との向き合い方、仕事との向き合い方というものが変わってきます

本当の意味で学びを得られる時

目的をもってお金を費やした時、それは自分自身のサービスにどのように転用したり応用できるかということを本気で考えます。

本当の意味での学びとはお金を支払って頂く時に起こります。

 

その学びを積み重ねるために私たち事業主というのは他の人にお金を支払い教えていただく機会を誰よりも積極的につくっていく必要がある、ということを忘れないでいてください。

 

自分自身の事業においてしっかりと売上を立てる集客ができている人は例外なくお金を投資しています。

逆に、お金を費やさずに成果を挙げている人を見たことがありません。

 

浪費や消費を進めているのではなく自分に対する投資です。

 

投資とは支払った金額以上の価値を手に入れることです。

 

あなたはどういったお金の使い方をしていますか

今一度考えてみてください

ぽのビジ、プレセミナーのお知らせ

個人事業主に自分軸の人生や仕事の作り方を伝えるビジネスセミナー、「ぽのビジ」、現在7月からの講座のためのプレセミナー参加者の受付をしています。今回募集の講座以降、値段を上げる予定なので気になる方は下のリンクをクリックして詳細をご確認の上、お申込ください。

「好きを仕事にすることは出来る?」結論から言うと「出来ます」。それはあの人が特別だからではありません。「好き」を仕事にするために必要なこと。それは早い段階で...

それではまた

森部高史


noteの有料マガジン[自分軸の人生と仕事の作り方(月刊べぇ)]はこちらから!

初月無料、月1000円です。(注)月額マガジン「自分軸の人生と仕事の作り方(月刊べぇ)」は購読月以降に公開された記事をまとめて読むことが出来ます。先月以前に出された過去記事は単品でご購入頂くことになります。

【無料PDFプレゼント】

個人サロン・治療院における自分軸経営の教科書

8割の専門家が忙しくても苦しい理由をご存知ですか?

お問い合わせ
フルネームでのご記入をお願いいたします
携帯キャリアメールはこちらからのメールがとどかないので、PCメールのご記入をお願いいたします
連絡の取れる電話番号をご記入お願い致します (例:090123456780)